晩 秋 の 憂 鬱  
 



いつの間にか季節は変わってしまった
あんなに待ち望んでいた秋は足早に通り過ぎて
プロムナードを敷き詰めた枯葉が
初冬の到来を告げている。。。

何が違ってしまったんだろう

息苦しくて目覚める朝・・
人ごみの中でふと立ち止まる昼さがり・・
藍色の空を見上げて涙ぐむ黄昏時・・
暗闇の中で手探りしている夜・・

心の中を冷たい風が吹き抜けていく
行き先を見失って彷徨っている私のこころ
必死で道標を探している・・・

胸に広がる黒い雲はやがて雨となって
私の乾いた頬を濡らしてくれるのだろうか

道に迷ったら元来た道に戻ればいい
もう一度新しいスタートに向かって
動き出してみよう。。。