島崎藤村の「名も知らぬ遠き島より流れよる椰子の実一つ・・」という詩の
   舞台となった渥美半島先端の伊良湖岬は、青い海と白砂が美しい楽園でした。

  

2006/03/24


サムネイル写真をクリックすると大きな画像が見られます。大きい画面を右クリックすると次の写真へジャンプ、左クリックでサムネイルに戻ります。

ギャラリーTOPへ