写真コンテスト入賞作品

 
       

第20回
総合写真展 入選 2作品    2016年12月6日〜12月12日(東京都美術館にて展示


 「審査員奨励賞」入賞 「追憶」 プリンスエドワード島

  






「秀作」入選 「残照」 プリンスエドワード島

 



 
       

第19回
総合写真展 入選 2作品    2015年12月5日〜12月11日(東京都美術館にて展示


 
            「秀作」入賞 「天空の別天地」  ザ・ウィンザーホテル洞爺

  






         入選 「サツキ晴れ」 箱根 山のホテル

 





 
       


第18回
総合写真展 入選 2作品    2014年12月5日〜12月11日(東京都美術館にて展示


              「秀作」入賞 「影の旋律」 米国オハイオ州クリーブランド

  


 

 

「秀作」入賞 「ナイアガラの虹」 米国オンタリオ州ナイアガラ

 





 
       

第17回
総合写真展 入選 3作品    2013年12月5日〜12月11日(東京都美術館にて展示


「秀作」入賞 「待ってよぉ〜」  米国アリゾナ州セドナ

  


入選 「気分爽快」  スイス サンモリッツ  



入選 「度迫力」 米国ユタ州 アーチーズ国立公園



 

         


キタムラ 365日フォトコンテスト2013春夏編
 佳作入賞  「デリケートアーチ」

 


2013年6月にアメリカ中西部を旅したときの一枚です。

ユタ州のアーチーズ国立公園にあるデリケートアーチ、
往復5キロのトレイルコースを、暑さに耐えながら必死で登って、やっとたどり着いた場所でした。

アーチの近くまで行きたかったのですが、すり鉢状になった岩は怖くて一歩も足が出ませんでした。臆病者ですσ(^。^;)

元気よく歩いている人を恨めしげに横目で見ながら^^;
撮った一枚でした。



 
       

第16回
総合写真展 入選 3作品    2012年12月5日〜12月11日(東京都美術館にて展示


「審査員奨励賞」入賞 「帰港」   伊勢志摩

  

「秀作」入賞 「天空のオアシス」  シンガポール  



入選 「晩秋」 アメリカ合衆国



 

         


365日フォトコンテスト2012春夏編
 佳作入賞  「黄金の海」

 


2009年12月にグアムを旅したときの一枚です。

3年も前の写真ですが、いつも応募してきた「ほんとうの時代」で
落選して「この写真は自分が思うほど良くはないのか」とガッカリしたのです。
でも違う審査員の先生ならもしかしたら認めていただけるのではないかと、最後の望みをかけました。

365日フォトコンテスト春夏編の腕試し「旅」部門に投稿して数ヶ月たち、忘れた頃に入賞の連絡が入りとても嬉しかったです。

自分が気に入った作品は一度ダメでも諦めなければ、いつかは認めてもらえるのだと希望が持てました。



 

 

         


ほんとうの時代 Life+ 
2012年11月号掲載 入選  「ペアシート?」


 


2012年7月にスイスを旅したときの一枚です。

10月号で投稿した写真が入賞できたのが嬉しくて、
11月号にも投稿してみました。

チューリッヒ湖畔での一こまです。
カラッと晴れ渡った気持ちの良い日で、大勢の人たちが湖畔での
ひとときを楽しんでいるようでした。

花も咲いていて青い空に青い湖にベンチでくつろぐ人々
皆さんの楽しい気持ちが、そのまま写真を撮っている私にも
伝わってきて至福のときを過ごせました♪


 

   
 
         


ほんとうの時代 Life+ 
2012年10月号掲載 入選  「だって暑いんだもん!」
 


2012年7月にスイスを旅したときの一枚です。

チューリッヒの街は前日までの雨とはうって変わってカラッとした
青空が広がっていました。
大勢の人が街に出かけて、それぞれの休日を楽しんでいる
ようでした。

街中にある水飲み場で見かけた何とも魅力的な親子さん
思わず望遠でシャッター切っていました。
連続で撮っていればもう少し良いポジションで撮れたかも?

でも愛らしいお子さんの自然で微笑ましい表情を撮ることが
できたので大満足の一枚になりました。

 

   
 
         


ほんとうの時代 Life+ 
2012年7月号掲載 入選  「六甲枝垂れ」
 


2012年4月に神戸・六甲を旅したときの一枚です。

六甲山の山頂にこの不思議なドームがありました。
自然体感展望台と銘打った「六甲枝垂れ」です。

一見すると金属でできているような感じでしたが、実は
総ヒノキ作りだそうで、一年中楽しめる枝垂れ桜なのです。
展望台になっていてここからの景色もなかなか素敵でした。

4月2日は結婚記念日で、その日に撮った写真なので
とても嬉しい記念になりました。

 

   
 
         


ほんとうの時代 Life+ 
2012年4月号掲載 MVP受賞  「空中散歩」
  
2012年1月にシンガポールに旅したときの写真です。

世界最大規模を誇る大観覧車「シンガポール・フライヤー」からの眺めです。

大きなカプセルには色んな国籍の人たちが、それぞれの言語で和気藹々と30分の空中散歩を楽しんでいました。
地上165mから見る巨大ホテルや高層ビル群やマリーナなどは迫力があり、ビジネス都市であり観光都市でもあるシンガポールの新たな魅力を感じることができました。

 
         


ほんとうの時代 Life+ 
2012年1月号掲載 入選  「ビビッドカラーズ」
 


2011年9月に北海道美瑛町で撮った一枚です。

どこまでも続く美瑛の丘はのびやかでそれだけでも絵になる
風景さでした。
そこで見たカラフルな花たちの美しかったこと!!

背景は少しボカし気味にして、主役の花たちを引き立てるように
撮りました。

ボケた範囲が長く大きすぎたというご批評を頂いて
とても勉強になりました。
構図をもう少し工夫しなくてはいけませんね^^;

 

 
       
第15回
総合写真展 入選 2作品    10月27日〜11月1日(東京都立産業貿易センターにて展示

初めて総合写真展に出品して2枚入選しました。


←「秀作」入賞
「結 YUI」
2011年4月撮影

八事興正寺の御神木

             入賞→

         「待ちわびて」       2011年4月撮影

          香積院の桜

           


 
         

             
ほんとうの時代 Life+ 
2011年5月号掲載 入選  「おい お前も見ろよ」
     
 


2011年3月に大高緑地公園で撮った一枚です。

緑豊かで広大な公園内の梅園は紅梅や白梅が見事に咲きそろって
いました。
犬のお散歩中の男性が紅梅に見とれておられましたが、
犬は「おれは梅なんぞには興味がないよ」と言わんばかりに
そっぽを向いています。

その様子が可笑しくてシャッター押しました。


 

 
  

 ほんとうの時代 Life  2011年4月号掲載 MVP受賞  「祈り」
  
 
   2011年1月に沖縄に旅したときの写真です。

那覇市の首里城公園内にある弁財天堂にその方はおられました。
何度も何度も礼をして、誠心誠意心をこめてお祈りをささげておられるお姿に胸打たれ、しばし見入っていました。
このお姿を写真に撮って良いものかどうか迷いがありましたが、やはり撮らずにはいられませんでした。

この方の願いが叶う日が来ることを心よりお祈りしています。
 
         

             
ほんとうの時代 Life+ 
2011年2月号掲載 入選  「天使の梯子」
     
 


2010年10月にイタリアへ旅したときの一枚です。

バチカン市国のサンピエトロ大聖堂はその比類なき荘厳さ、豪華さ
にただただ圧倒されるばかりでした。
その美しい聖堂内に光が差し込んできて、あたかも空から天使が
舞い降りて来る瞬間のような感じがしたのです。

「天使の梯子」という言葉は雲間から太陽の光が差し込む様子を
言うようですが、この大聖堂に差し込む光こそ「天使の梯子」に
ピッタリだと 思い、このタイトルをつけました。


 

 
         

             
ほんとうの時代 
2010年12月号掲載 入選  「夜明けの詩」
     
 


9月に美ヶ原高原へ旅したときの一枚です。

標高2000mの山頂には大勢の人たちが朝日が昇るのを
待っていました。
そしてその瞬間! 北アルプスの向こうから朝日が昇る瞬間は
感動的でした!!

上空には黒い雲がたなびいていて、すぐに太陽は雲間に隠れて
しま
いほんの一瞬の 輝きで終わってしまいました。

暗い背景の写真になりましたが、入賞できて良かったです。

 

 
  

 ほんとうの時代  2010年3月号掲載 MVP受賞  「晴れの日」
  
 
   2009年11月に姫路・倉敷・岡山・神戸と旅したときの写真です。

岡山後楽園に行ったのは11月15日、七五三と重なって、着飾った可愛い女の子が来ていました。
ご両親と一緒に記念撮影していましたが、このときだけ一人で嬉しそうに歩いていたので「チャンス」とばかりに
撮らせてもらいました^^

抜けるような青空の下で広大な後楽園で気持ちよく撮影できてとても嬉しかったです♪

 
         

             
 
「キタムラフォトコンテスト2009春夏」 腕試し部門 「旅」写真 入選  「落日」
     
 



初めて「キタムラフォトコンテスト」に応募してみました。
2008年のカナダ旅行のときの写真です。

カナダ東部のイースタンタウンシップスで撮りました。
湖畔のベンチに座っている仲の良い老夫婦・・・
夕陽の光が二人に向かって輝いていました。

人生の黄昏時をゆったりと過ごすご夫婦の姿が
とても印象的でした。

 
         

             
ほんとうの時代 
2009年12月号掲載 入選  「晩夏」
     
 


9月に北海道へ旅したときの一枚です。

中富良野の「彩香の里」に着いたのは陽が傾きかけた5時ごろ
でした。
逆光に光るサルビアと、シルエットになった木々のコントラストを
狙って撮った一枚です。


富良野は特に思い入れが強くて大好きな場所なので、受賞できて
とても嬉しく思いました。

 
         

             
ほんとうの時代 
2009年11月号掲載 入選  「二人の世界」
     
 


6月にベルギーへ旅したときの一枚です。

古都ゲントの街 レイエ川沿いには中世の栄華を伝える
ギルドハウスが並びます。ここで見つけた恋人たち
辺りを気にする風もなく、二人の世界に浸っていました♪

二人の恋路をジャマするつもりはないので、こっそり写真
撮らせてもらいました〜ごめんね^^;

美しい街並みに溶け込んでいる恋人たち 
絶好の被写体を見つけることができてラッキーでした(*^^*)

 
         

             
ほんとうの時代 
2009年9月号掲載 入選  「仲良くお散歩」
     
 


6月にベルギーへ旅したときの一枚です。

ブルージュの「愛の湖公園」は白鳥の宝庫でした

その中でもこの親子の姿は愛らしくて目を引きました。
3日間の滞在中毎日足を運んでこの子たちの姿を追っていました。
とても癒される時間でした^^

いろんな姿を見せてくれたので何枚かこの親子の写真を撮って
その中からお気に入りの数枚を投稿した中の一枚す。

正面からではなくて後ろ姿なのでイマイチだと思っていましたが
受賞できてよかったです(*^^*)

 
         

             
ほんとうの時代 
2009年7月号掲載 入選  「春うらら」
     
 


「東谷山フルーツパーク」へしだれ桜を撮りに行った日の作品です。

しだれ桜ばかりどっさり撮ったあと、ふと目を横に向けると池があり
釣り人が気持ち良さそうに釣り糸をたれていました。
暖かい春の日差しの中、池の真ん中の噴水も爽やかで、満開の桜も
のどかな春を演出していました。

しだれ桜を撮りに行ったのに、肝心のしだれ桜の写真はイマイチで
釣り人を撮った写真が一番お気に入りになりました^^;

画面下部が物足りないとの講評でしたが、本当にその通りだと私も感じています。
ここに花があったらなぁとか、もっと釣り人が一杯いればいいのにとか
もう一つ何かが足りないといつも思います。
なかなか希望通りにはいかないものですね〜

 
         

             
ほんとうの時代 
2009年5月号掲載 入選  「青の煌き」
     
 


在庫から投稿してみました。
2年前に撮った「なばなの里ウィンターイルミネーション」です。

ここのイルミは大人気で、 クリスマスシーズンには大勢の見物客で
ごった返しているのでとてもじっくり写真は撮れません!
2月も末ごろになって閉幕ぎりぎりのときに行って撮ってきました。
狙いは見事的中で、この時期になると空いていて、楽に写真が撮れ
ました^^


青のトンネルは幻想的な雰囲気が流れていてとてもロマンチックで
ステキでした。
でも見物客が少ない分チョット寂しい印象になったようですね^^;

「ここにステキなカップルが歩いていてくれたらなぁ」っていつも
思いますがそうはうまくいきませんねヾ(≧▽≦)″

 
         

             
ほんとうの時代 
2009年4月号掲載 入選  「黄昏のランナー」
     
 


2008年10月にカナダを旅したときの画像です。

ローレンシャン高原のホテル近くの道路をランニングしている人を
撮りました。
アッと言う間に通り過ぎてしまったので、構図や絞りを考える暇もなく
ただシャッターを押しただけですが、たまたま夕陽が差し込んでいて
面白い写真になったと思いました。

講評にあった「ランナーとアスファルトの面が単調」なのは
確かにそうだなぁって思います^^;

 
  

 ほんとうの時代  2009年3月号掲載 MVP受賞  「錦の泉」
  
 
   2008年11月に娘と二人で京都へ紅葉を見に行きました。
この時期の京都はどこも観光客で大賑わいですが、この写真の吟松寺は穴場中の穴場で、私たちの貸しきり状態でした^^

娘がこの小さな泉水鉢を見つけて「ここステキ〜」と教えてくれたのです。
受賞できて娘に感謝です(*^^*)

 
  


                     

ほんとうの時代 2009年2月号掲載 MVP受賞  「空と湖の対話」
  
 
   2008年10月にカナダへ旅したときの画像を投稿しました。アルゴンキン州立公園で遭遇した朝霧の写真です。
2月号でMVPを頂きました。
2009年の始まりを飾ることができてとてもうれしかったです(=´∇`=) 

   
 
         

             
ほんとうの時代 
2008年10月号掲載 入選  「姫ふたり」
     
 


2006年10月に北欧を旅したときの画像です。

コペンハーゲンの名物「人魚姫の像」です。
「世界三大がっかり」の 一つだそうですが、いえいえ〜なかなか
ロマンのある素晴らしい銅像でした。
人気スポットなので、世界中の観光客が次から次へと訪れて
周りは人で一杯!

団体客が帰ったあと、お母さんと二人で来ていた女の子が
人魚姫の側に座っていました。疲れたのかな?
反対側からお母さんが女の子の写真を撮っていましたが、
ついでに私もパチリさせてもらいました^^

人魚姫と可愛い女の子のツーショットが撮れて、とても
ラッキーだったと思います♪

   
 

                      

                       ほんとうの時代  2008年7月号掲載 入選  「湖畔の昼下がり」   
   

 


2005年6月にスイスを旅したときの画像です。

レマン湖畔の街ヴヴェイを散策していたときに見かけました
たった一人ベンチに座っている輝くばかりのブロンド美女?
どんな人なんだろう・・振り返って欲しいな・・
あ゛でも振り返られたらカメラ向けてることがバレちゃう^^;

陽に焼けちゃうだろうに いいのかなぁ?
失恋でもしたのかしら?それとも失業した?お金落とした?
って勝手にあれこれ想像してました^^;

   
 

 

 

                       ほんとうの時代 2008年2月号掲載 入選  「虹を駆ける」   
    

 


2007年10月にアメリカ中西部を旅したときのシーンです。

ユタ州のブライスキャニオン国立公園でWの虹を見ました。
それはあまりにも突然現れて、そしてアッという間に消えて
しまった夢か幻のような出来事でした。
ちょうどホーストレイルをしている人たちが渓谷を通りかかって
まるでその人たちが、この虹を駆け上ってきたような感じが
しました。

そのときの私の感動が、ほんの少しでも見てくださる方に
伝わって欲しいと思い投稿しました。









   
 
  


                    ほんとうの時代 2007年12月号掲載 MVP受賞  「天空の水族館」
  


2007年7月に東京の六本木ヒルズ展望台で撮った写真です。
夏休み特別企画として、ミニ水族館が併設されていました。透明な水槽越しに見えた世界が面白くて娘と二人で大喜びしながら撮った
写真です。
待望のMVPをいただけて、とてもうれしかったです(*^^*)
 
   
 
 


ほんとうの時代 2007年10月号掲載 入選  「青蓮院の鯉」
                                  
 

2007年6月に京都に旅したときの写真です。

朝一番に訪れた青蓮院は、その堂々たるたたずまいと
美しい日本庭園がすばらしいお寺でした。

どっさり撮った写真の中で、この池を泳ぐ鯉が一番
印象的に思えたので投稿しました。


   
 
   
 

ほんとうの時代 2007年7月号掲載 入選  「陽春」
                                 
  2006年5月に両親と一緒に信州を旅したときの写真です。

バラクライングリッシュガーデンは春の花で匂うばかり
暖かな日差しを浴びて両親はとても楽しそうでした。

「いつまでも元気でいてね」と願いを込めて投稿しました。
   
 
   
 

ほんとうの時代 2007年4月号掲載 入選 「フィヨルド沿いの街」  
                             
  2006年10月に北欧を旅したときの写真です。

世界的に有名なノルウェーのソグネフィヨルドを
船で2時間ほど観光してきました。

雨上がりの空は不思議な色の雲が出ていましたね〜
こんな色の空は見たことがありません!!
不気味に感じられたとの講評でしたが、これは見たまま
リアルな色だったのです^^;

フィヨルド沿いの可愛い街並みも心に残る風景でした。
home
photo Gallery top