TOPに戻る

    
 
 

のんびりと草を食べる牛の群れ、風に揺れるモミの木のざわめき、はるかに広がるブドウ畑、
スイスの東の端にある小さな村マイエンフェルトの風景です。
「アルプスの少女ハイジ」の作者ヨハンナ・シュピリは、この村に滞在して物語の構想を得たと言われています。

村のあちこちにハイジの名前がつけられていて、正にハイジの村です。
泊まったホテルが「スイスハイジホテル」、「ハイジの家」「ハイジヒュッテ」「ハイジホフ」「ハイジの泉」等々・・・

ハイジとおじいさんの山小屋へ行きたかったのですが、往復6時間で急な山道を登らなければならないとのことで断念(涙)
でも半日のんびり村落を歩き回って、ハイジの世界を堪能しました。

2012/07/02〜07/09

サムネイル写真をクリックすると大きな画像が見られます。大きい画面を右クリックすると次の写真へジャンプ、左クリックでサムネイルに戻ります。

ギャラリーTOPへ