TOPに戻る

   

青森4日目 いよいよ日本海側へ向かいます。大鰐温泉のホテルを朝9時に出発して、千畳敷海岸を目指します。
その昔、津軽藩主があまりの美しい海岸に、千畳もの畳を敷いて酒宴を開いたという言われのある景勝地です。

私の印象では千畳の畳というより、東洋のグランドキャニオン(チョットオーバー?)の感じがしました。
深い藍色の日本海に隆起した岩場のコントラストが素晴らしくて、インパクトの強い海岸でした


その後、世界遺産に認定されている白神山地へ向かいました。
この白神山地は、青森県南西部から秋田県北西部にまたがる山岳地帯で、
17000haもの広大なブナ林の原生林が広がっています。

悠久のときを感じる森の中には、初心者向けの遊歩道や熟練者向けの登山道など
様々なコースが設定されていて、私達は一番人気の「12湖散策コース」を選びました。

神秘的な藍色が美しい青池や、透明度が高い湧壺の池などの小沼郡、自然のままの姿を残したブナの森を歩いて
世界遺産白神山地のほんの一部だけでしたが、豊かな自然を満喫できまし
た。


2015/9/07

サムネイル写真をクリックすると大きな画像が見られます。大きい画面を右クリックすると次の写真へジャンプ、左クリックでサムネイルに戻ります。

ギャラリーTOPへ