TOPに戻る

   


猛暑の続く8月半ばに美濃路と木曽路を歩いて来ました。

相方が読んでハマったという浅田次郎原作の「一路」の舞台となった中山道を歩いてみたくなったのです。
と言ってもほんの2箇所だけ 大湫宿と妻籠宿を歩いただけなので
「中山道をゆく」などというタイトルはおこがましいです^^;

相方の敬愛する司馬遼太郎さんの「街道をゆく」をチョコっとパクってみました(笑)

岐阜県では途中にある虎渓山永保寺や竜吟の滝も散策してから、大湫宿へ行き、その日は鬼岩温泉に泊まり
翌日鬼岩公園を歩いて、その後長野県の妻籠宿へ行きました。

大湫から妻籠までは車を走らせても1時間以上もかかる山道を、その昔参勤交代の一行は
一日で通り抜けたそうで、当時の人々の健脚ぶりには驚くばかりです。

江戸時代の人には到底叶いませんが、私達も2日間で23000歩になり、
ほんの少しだけ中山道を歩いた気分になれました。 汗だくでした^^;


2015/8/11〜12

サムネイル写真をクリックすると大きな画像が見られます。大きい画面を右クリックすると次の写真へジャンプ、左クリックでサムネイルに戻ります。

ギャラリーTOPへ