TOPに戻る

   

徳川家康ゆかりの駿府城と浜松城に行って来ました。

静岡市にある駿府城は、家康が人質時代の12年、戦国大名時代の5年、さらに大御所時代の10年と
その生涯のおよそ3分の1を過ごした城ですがすべて消失していて、現在は東御門、巽櫓、坤櫓が伝統工法で復元されています。
天守閣も復元しようと計画中だそうで、実現するのを心待ちにしています(いつになるんだろう?)^^;

浜松城は、家康が29歳から45歳までの17年間を過ごした城で、遠江を平定して天下取りの礎を築いた地でもあります。
昭和33年に復元された天守閣は美しくて見応えがありました。 
ただし〜一歩中に入ると無粋なコンクリート造りにチョットガッカリ^^; 
この天守もいつか伝統工法で再度復元されたら、より価値のあるものになるだろうと思いますが、巨額の費用がかかるので難しそうです。

駿府城も浜松城も美しく整備された公園になっていて、12月末のこの日でも紅葉を楽しめたのは嬉しかったです。



2015/12/24

サムネイル写真をクリックすると大きな画像が見られます。大きい画面を右クリックすると次の写真へジャンプ、左クリックでサムネイルに戻ります。

ギャラリーTOPへ