TOPに戻る

   

福島の旅3日目はあいにくの雨・・・事前の天気予報で分かっていたので、しっかり「雨プラン」を練っていました。

まず行ったのが「大内宿」です。 江戸時代の宿場町として栄えた30軒もの茅葺民家が立ち並んでいて、
国の「重要伝統的建造物群」に指定されています。マスコミにも取り上げられていて近年大人気だとか!
山間の細い道を通って行くので、週末は大渋滞だそうで、朝早く行かないと駐車場にも止められないと聞きました。
でもこの日は雨のおかげで渋滞もなく、観光客もそれほど多くなくて楽に周れました<ラッキーだったかも<負け惜しみ?^^;

次に行ったのが「鶴ヶ城」です。幕末に戊辰戦争の舞台となった悲劇の城・・・
当時と同じ赤瓦を再現した美しい姿は見応えがありました。天守閣の最上階からの眺めも美しかったです。
その後「会津さざえ堂」を見て、裏磐梯のホテルに戻りました。

翌朝は前日とは打って変わった快晴で、ホテルをチェックアウトしてから、猪苗代湖遊覧船に乗って磐梯山の雄姿を船上から眺めていました。 
その後猪苗代湖畔に建つ「旧有栖川宮・高松宮翁島別邸」の「天鏡閣」にも立ち寄りました。

3日間楽しんだ福島を後にして、この日の宿である新潟県の妙高高原に向かいました。




2017/05/11〜15

サムネイル写真をクリックすると大きな画像が見られます。大きい画面を右クリックすると次の写真へジャンプ、左クリックでサムネイルに戻ります。

ギャラリーTOPへ