TOPに戻る

   

旅の最終日は姫路城へ行きました。今回で二度目になります。前回は修復前の2009年でした。
5年もの年月と24億円もの費用をかけた「平成の大修理」を終えた時は、人気沸騰して天守に上がるのに整理券が発行されるほどだとか!

今回も紅葉シーズンの日曜日だし、期間限定でイルミネーションやイベントも開催中なので、大混雑を心配していましたが
思ったほどではなくて、天守にもスムースに入れたし、ゆっくり周れたのでホッとしました。

現存12天守で国宝で世界遺産の姫路城、大きさも規模も美しさも他のどの城とも比べ物になりません。
どの角度から見ても圧倒されるほどの豪華さと美しさ 正に王者の風格がありました。

千姫が居住していた西の丸では「千姫の宝箱」というイベントが開催されていて、
現代アート作品と伝統文化とのミスマッチが面白かったです。

姫路城の隣にある好古園も寄って紅葉真っ盛りの晩秋の姫路を堪能してきました。

3泊4日の「淡路島から四国、瀬戸内海を巡る旅」も姫路で終了しました。
丸亀城や高松城跡に姫路城と大好きな城めぐりができて大満足の旅でした。




2017/11/19

サムネイル写真をクリックすると大きな画像が見られます。大きい画面を右クリックすると次の写真へジャンプ、左クリックでサムネイルに戻ります。

ギャラリーTOPへ