TOPに戻る

   

淡路島に一泊した翌日、大鳴門橋を通って四国の徳島県鳴門市に行きました。
徳島県の有名な観光地と言えば鳴門の渦潮、祖谷渓、眉山などがありますが、
今回私達が行ったのは「大塚国際美術館」のみでした。

「大塚国際美術館」は大塚グループ創立75周年を記念して設立された「陶板名画美術館」です。
世界の名画を陶板によって原寸大に再現複製した作品が、1000余点展示されています。
地下3階から地上2階まで、全長4kmもの広大な館内をゆっくり見学するには半日以上かかるとか
私達は駆け足見物2時間半で周りました。

入ってすぐに目にするバチカン宮殿内にある「システィーナ礼拝堂」の度迫力には目を奪われました。
その後、世界の名だたる名画を全て見ることができて、ホンモノではないと分かっていても
その美しさ、荘厳さに目を見張りました。

午前中かかって見て周り、その後香川県丸亀市に向かいました。

2017/11/17

サムネイル写真をクリックすると大きな画像が見られます。大きい画面を右クリックすると次の写真へジャンプ、左クリックでサムネイルに戻ります。

ギャラリーTOPへ