TOPに戻る

   

野尻湖を朝8時に出発して、長野自動車道、上信越自動車道、北陸自動車道、磐越自動車道を乗り継いで、
昼前には裏磐梯に到着しました。
ここから磐梯山ゴールドライン、磐梯吾妻レークライン、磐梯吾妻スカイラインと、磐梯山を巡るロードをドライブしてきました。
途中の山中にはかなりの残雪があり、気温は20度あったものの、福島は最近まで冬だったんだと実感しました。

磐梯吾妻スカイラインでは「火山ガス注意」とか「窓開放禁止」などの立て札を見つけて
摩訶不思議な感覚になりました。活火山の恐怖でしょうか・・・

その後、全長3,6キロの「五色沼自然探勝路」を2時間ほどかけて、
毘沙門沼、赤沼、みどろ沼、竜沼、弁天沼、るり沼、青沼、柳沼をのんびり散策しました。
磐梯山の噴火で生まれたこれらの沼は、流入している火山性の水質の影響により、
青や緑や赤などの様々な色彩をなして絵のような美しさでした。

五色沼9番目の沼である弥六沼の前に建つ裏磐梯高原ホテルに2連泊して、美しい裏磐梯の湖沼郡をじっくり見て周りました。





2017/05/11〜15

サムネイル写真をクリックすると大きな画像が見られます。大きい画面を右クリックすると次の写真へジャンプ、左クリックでサムネイルに戻ります。

ギャラリーTOPへ