TOPに戻る

   


9月にアルペンルート通り抜けをしましたが、室堂と黒部がメインで、弥陀ヶ原はバスからほんの束の間見ただけでした。
あとでサイトを見ると私の大好きな湿原が広がっているそうで、どうしても行きたくなりました。
落差日本一の称名滝も見逃していましたので、この機会に両方行こうと計画を立てました。

称名滝も弥陀ヶ原も「ブラタモリ」でしっかり紹介されていましたので、今回もしっかり予習していきました。

前回は台風直後で、今回は2つの台風の合間を縫って^^; なんとか行けて良かったです。

まずはマイカーで行ける称名滝駐車場まで行き、そこから1.3キロ離れた滝まで歩きました。
落差が350mもある壮大な滝は見応えがありました。

その後、立山駅からアルペンルートのケーブルカーとバスで弥陀ヶ原まで行きました。
下界は晴れていても弥陀ヶ原では、曇ったり霧が出たり晴れたり雲海が出たりと
コロコロ目まぐるしく変わる天気に翻弄されつつ、紅葉真っ盛りの湿原を散策してきました。
2日で3万歩、16キロほど歩いてしっかり弥陀ヶ原を堪能できました。


2018/10/3〜4

サムネイル写真をクリックすると大きな画像が見られます。大きい画面を右クリックすると次の写真へジャンプ、左クリックでサムネイルに戻ります。

ギャラリーTOPへ