TOPに戻る

   

寺巡りの後、ネットで見つけたMIHOミュージアムに行きました。

琵琶湖の南、湖南アルプスの山中にあって、建築設計はあのルーブル美術館のガラスのピラミッドを設計したI.M.ペイ氏だそうです。
レセプション棟から美術館棟までの長いアプローチには、枝垂れ桜の道やトンネルや橋などが配されていて
ゆっくり気持ちよく歩いて行けます。
「桃源郷」をテーマに設計されていて、展示物よりもむしろミュージアムそのものが魅力的に思えました。

その後、水生植物公園みずの森にも立ち寄りました。この植物園は琵琶湖に群生する花ハスで有名で、私も一度訪れたことがありました。
しかし2016年から突然蓮が枯れてしまい、今では残骸しかなくなってしまいました。原因はまだ不明だそうで観光客も激減したと聞いています。
でも植物園の花たちの美しさは健在なので、今回再度訪問してきました。




2018/4/12〜13

サムネイル写真をクリックすると大きな画像が見られます。大きい画面を右クリックすると次の写真へジャンプ、左クリックでサムネイルに戻ります。

ギャラリーTOPへ