TOPに戻る

   
九州の旅ラストは福岡市に泊まりました。 博多湾に面した美しい街、福岡はネット友さんの故郷で
以前から一度是非訪れてみたいと思っていた街でした。
夕方に着いたので、ホテルから徒歩15分の福岡タワーに上って、美しい夜景を堪能
しました。
タワーの中はアジア系の外国人観光客であふれていて^^; 九州の人気の高さを実感!!
翌朝はホテルのすぐ近くのシーサイドももち海浜公園をのんびり散策しました。気持ち良かったです。

その後、福岡から1時間ほどドライブして門司港へ向かいました。
ブラタモリでも紹介していた門司港は、明治から昭和初期にかけて建てられた趣のある建物が現存していて
「門司港レトロ」として一大人気観光地になっています。
また重要文化財指定の門司港駅が7年間の復元工事を終えて、3月10日にグランドオープンとのことで
大正時代創建時の姿を見ることができてラッキーでした。

その後福岡空港に戻りレンタカーを返却してから、地下鉄で博多まで向かいました。
博多は今では福岡市博多区ですが、以前は中洲を流れる川を隔てて福岡と博多はそれぞれ特色のある
双子都市として発展してきたそうで、その後福岡市に統一されたとか

博多といえば天神が有名ですが、今回私達は祇園にあるキャナルシティ博多という商業施設に行ってきました。
迫力のある建物に、キャナルという名前そのままの水の流れもあり、噴水ショーなどもあり、見所満載でした。

3日間だけの駆け足旅行でしたが、九州がますます好きになりました。



2019/03/06〜03/08

サムネイル写真をクリックすると大きな画像が見られます。大きい画面を右クリックすると次の写真へジャンプ、左クリックでサムネイルに戻ります。

ギャラリーTOPへ