TOPに戻る

   


九州の旅 2日目は当初は九十九島から平戸へ行き、平戸城や教会などを見る予定でした。
ところが九十九島があまりにも美しくてホテルも居心地が良くて、ここでついのんびりしてしまって
時間が足りなくなりました^^; この日は佐賀を通り抜けて福岡まで行く予定でしたので
平戸は諦めて伊万里へ行く予定に変更しました〜が〜
ここから唐津の名護屋城や唐津城などを時間をかけて見るためには、伊万里も見物する時間がないことがわかり
伊万里ではちゃんぽんだけ食べて、すぐに名護屋城跡に向かいました。伊万里焼を買いたかったんですが〜残念!

名護屋城は豊臣秀吉の朝鮮出兵(文禄・慶長の役)に際して、出兵拠点として築かれた城です。
1592年の開戦から秀吉の死で諸大名が 撤退するまで、7年の間大陸侵攻の拠点となりました。
城の面積は約17ヘクタールにおよび、広大な敷地跡には石垣しか残されておらず、今はただ「兵どもが夢のあと」です。

ここに平成5年、佐賀県が名護屋城博物館を建設して、敷地内に保存整備事業を施して現在に至っています。
玄界灘に面して、美しい海と広い丘に点在する大手口や天守台や二の丸、三の丸跡をゆっくり歩いて往時を偲んできました。

その後唐津城にも行き、虹の松原を通り抜けて、福岡市に向かいました。




2019/3/06〜08

サムネイル写真をクリックすると大きな画像が見られます。大きい画面を右クリックすると次の写真へジャンプ、左クリックでサムネイルに戻ります。

ギャラリーTOPへ