TOPに戻る

   
以前から行きたいと切望していた駒ケ岳千畳敷カール、7月に予定していたのですが雨が多くて断念、
8月も末になってやっと行くことができました。
名古屋から駒ヶ根まで2時間弱、朝5時半出発で日帰りで楽しんできました。

「カール」とは「氷河の浸食作用によってできた広い窪地あるいは椀状の谷」だそうで
この千畳敷カールは、ロープウエーで標高2612m地点まで行くことができるという利便性に
千畳敷という名が示す通りの広さと、夏には高山植物のメッカであり、秋には紅葉の美しさで大人気スポットなのです。

今年の7月にはコバイケイソウの群生が見られたそうですが、8月末では残骸のみで^^;
7月に行きたかったなぁと悔しい思いをしましたが、まだ残っている高山植物もかなりあったので気を取り直しました。
時折ガスがかかったりして、山の天気の変わりやすさも体験しつつ、楽しい山歩き(登山ではない)ができました。




2019/08/26

サムネイル写真をクリックすると大きな画像が見られます。大きい画面を右クリックすると次の写真へジャンプ、左クリックでサムネイルに戻ります。

ギャラリーTOPへ