2012年1月7日

 


朝目が覚めて部屋のカーテンを開けるとキレイな朝焼けが見えました。良かった〜今日も晴れてますo(*^▽^*)o~♪
朝食はホテルの1階にある中国料理店でバイキングの朝ごはんにしました。ここのバイキングは種類も多くてどれを取ろうかと迷うほどでした。美味しかったです^^









朝食後は早速散歩に出ました。
ホテルの対岸は高層ビルが林立していて大都会という感じですね〜シンガポールは観光地である前にビジネス都市なのです。
















そしてこれぞ「世界三大ガッカリ」の一つで有名なマーライオン!!

でもなぜこれがガッカリなのか不思議です。大きくてきれいで迫力もあって立派なので!!
調べてみると「マーライオンが湾を向いて立っているので、観光客は後姿しか見えなかった」とか「節約のために水を出していなかった」とかが原因のようです。
その汚名返上のためにマーライオンパークを広く大きく作り直し、横からも見えるようにして水も常に勢い良く噴射させるようにしたそうな。

でも世界三大ガッカリを見たくてシンガポールへ行く人もいるかも〜
見に行ったら「これのどこがガッカリなの?」と逆にガッカリされたりして♪(≧m≦)ぷぷ

私たちが見た日も大勢の観光客で賑わっていて見ごたえありました。
ノーモア「ガッカリ」です^^

中東系の観光客も多かったです。世界各国から集まってきてますね。








散歩中に見かけた花々です。初めて見る花も多くてどれもキレイ!!








あちこちで見かけた像の置物です。何かいわれがあるのかな? オリンピックのマークも見つけた! ん?シンガポールでオリンピックって? なかったよね〜〜?? 誘致してるのかな? 不勉強で分かりません^^;








新しいシンガポール名物の大観覧車「シンガポールフライヤー」です。ホテルから歩いていける距離にありました。
この観覧車とにかく大きい!! 日本の建築家も開発に加わったそうでエアコン完備の28人乗りカプセルが最高165mの高さまで上がり、約30分かけて一周します。28人乗りだそうですが実際はその半分くらいの人でゆったりと周りました。




 





シンガポールフライヤーからの眺めは素晴らしいです。
海上には停泊する船が一杯!!手前の建物は建設中の植物園だとか・・・カラフルな建物は高級マンションかも?








私達が泊まっているマリーナベイサンズホテルが目の前に見えました。その向こう側に林立する高層ビル群はなかなかの迫力です。
シンガポールの魅力を再発見したような感じがしました。

この日のランチは観覧車の隣にあるフードコートで食べました。シンガポール名物のチキンライスと青菜の炒め物をチョイス。
美味しかったです〜。しかもフードコートは余分な税金やサービス料が取られなくてとにかく安い(↓全部で1200円くらい)





そしてホテルに戻って、ついにその時間がきました〜〜屋上プール(インフィニティプール)で初泳ぎです!!
いや泳いだのではなくて浸かっただけ♪(≧m≦)ぷぷ  水はチョット冷たかったです〜
このプールは正に天空のオアシスですね〜開放感があってとにかく気持ちがいいです♪








プールに入るとなぜか疲れましたね〜歳のせい<イヤそんなはずはない〜?(≧m≦)
部屋に戻ってベッドに入ったとたん爆睡してしまい^^;気がついたら夜になってました。
あわてて散歩に出かけます。この湾岸沿いは昼間より夜の方が断然見ごたえがあります。キレイです!!








そしてホテルの対岸から見た夜8時の光のショー「ワンダーフル」です。こちらから見ると昨日見た光景とは全く違ったショーになっていました。 マリーナベイサンズ・ホテルそのものがショーの舞台になっていてカラフルな光線が四方に伸びて絵のような光景でした。








この辺りは「ワンプラトン」というエリアで近くにマーライオンパークがあって人気のスポットです。
レストランも一杯あって、テラス席はほぼ満席でした。夜景を見ながらの食事はロマンチックですものね〜私もこのテラス席で食べたかった!
でもとにかく空いてないし暑いので仕方なく室内に入りました。外と違って閑散としています〜冷房効いてて涼しいよ^^;





コース料理を頼んだら一番最初に肉料理が来たのでびっくり! これはメインディッシュじゃないの?^^;
次にスープが来て、豆腐料理が来て最後に麺料理!! うーーん よく分からない組み合わせだ〜〜でも美味しかったからヨシとしよう!

お勘定のとき、メニューに載っていたお値段の約1.5倍の請求にチョットビックリ∑(゜o゜ 
シンガポールの消費税はかなり高いらしい しかもサービス料も割高なのかも・・・




 




  次ページ3日目に続く