2012年7月6日 ベルニナ急行

 


朝目が覚めて窓の外を見ると霧がかかっていましたw(゜o゜)w オォー
これは大変とばかりに着替えもそこそこにカメラを持って外に出ました!!
朝霧ですから時間がたてば消えてしまいます! 急がねば!!!!







もう何度か歩いたサンモリッツ湖半 この日は絶景でした。 青空に白い霧がうっすらとかかっていてなんともロマンチックな風景です。
相方も私も大興奮で歩き回りました。
こんな景色が見られるなんて〜はぁ〜サンモリッツにきて良かった(=´∇`=) 幸せ〜〜〜〜!!








サンモリッツ駅には真っ赤な電車が止まっています。これから発車する電車でしょうか?
真っ青に澄み渡った空に同じく澄んだコバルトブルーの湖に緑の山々 遠くにはアルプスも見えます。

高山植物もそこかしこに咲いていて絵の中の世界のような気がしました。 はぁ〜何度も言いますがサンモリッツは天国だ!!








高湖への映りこみも絵になる風景です。そして一瞬虹かとも思うような雲が見えました。もしかしたらこれが彩雲なのかも?
吉兆を表す雲だそうで幸運の前触れ? これだけの風景が見られただけでもラッキーですからね(^_-)-☆








ホテルに戻って急いで朝食を済ませ駅に向かいました。 この日はベルニナ急行に乗る予定なのです。
このベルニナ急行はサンモリッツとイタリアのティラノを結ぶ路線で、2時間ほどでティラノに着きます。日帰りで充分往復できる距離です。

もう一つ有名な路線がサンモリッツからチェルマットまで行く「氷河特急」ですが、これは8時間もかかるのです。
しかも氷河と名がついている割には氷河が見られないそうで、それに比べるとベルニナ急行は沿線に広がる大迫力のアルプスと三大氷河を間近に見られることで最近特に人気があるそうです。

窓を大きく取ったパノラマカーが魅力で日本から指定席をしっかり予約しておきました。





駅には日本からの団体のツアー客さんが大勢この列車に乗られましたが、私達とは別の車両でした。
私達の車両はガラガラでゆったりできてラッキーでした。指定席ではありますが、空いている席どこでも座れそうでしたよ。

乗車記念にベルニナ急行のマスコットのヤギのぬいぐるみを一つ買いました。名づけて「ベル」ちゃん^^






雄大な景色がどこまでも続いていきます。 キャーキャー言いながら右に左にカメラを向けていました。







「ラーゴビアンコ(白い湖)」の横を列車が通りかかりました。
水の色の白さが目を引くと「地球の歩き方」に書いてありましたが、白というよりは灰色?(;¬_¬) 
セメントを溶かしたような色合いで「美しい」とは言いがたい色でした。

最初の予定では帰りにここの駅で降りてラーゴビアンコ沿いをハイキングするつもりでしたが〜
「キレイじゃないよね〜わざわざここを歩くこともないよね」ということで「別のプランを考えよう」ということに^^;









このベルニナエクスプレスの最大のハイライトが「オープンループ橋」です。
高低差を克服するために、円弧を描く陸橋によって列車は360度回転します。

列車に乗っているとアッと言う間に渡ってしまう橋ですが、
相方が列車のつなぎ目のところの窓を開けて(座席の窓は開きませんから^^;)頑張って写真撮ってくれました。
列車はぐるっと円形を回りますが、アッと言う間に通り過ぎてしまうのでチョット残念! 途中で止まってくれたらいいのにね^^;







そしてほどなく終点のイタリア ティラノの街に到着です。この駅にも日本語の看板がありました〜箱根登山鉄道さんやりますねp(^0^)q

ティラノはとても小さな街で可愛い駅舎から観光用の汽車が出てます。









ちょうどお昼時です。駅前にオシャレなイタリアンレストランを見つけたので早速ここでランチを食べることにしました。








イタリアンといえば定番のパスタとピザですよね〜トマトソースのパスタとパリッと薄焼きのピザ どちらもさすがに本場もんは違う!!

とても美味しくて「イタリア来た甲斐があった〜」と喜んでました(*^^*)








ここでの滞在時間は1時間チョットだけ^^; 小さな街なので観光名所などもなくて駅前の街並をほんの少しばかり散策しただけですぐに帰りの列車に乗り込みました。









帰りにも通ります。オープンループ橋! ビックリしたのが下で大勢の日本人観光客さんが写真を撮っているのです!!
何と言ってもここがこの路線の一番の名所であり絵になる場所ですからね〜いいなぁ〜私もここで写真撮りたかった!!

ベルニナ急行でティラノまで一緒に行ったツアー客さんだと思われます。
こういう企画もあったんだ〜さすがはツアー!とチョッピリ羨ましく思いましたね^^;





ベルニナディアボロッツァ駅で途中下車しました。
ラーゴビアンコ沿いをハイキングする予定を変更して、この駅からロープウェーに乗ってディアボロッツァ展望台に登ることにしたのです。










この展望台に登ればサンモリッツ周辺にある4つの展望台全てに登ったことになります。
せっかくサンモリッツに3連泊しているのですから雄大な氷河の見える展望台は全部制覇したい!

ロープウェーからの眺めも素晴らしくて胸が高鳴る思いがしました。









眼下に見える青い池?があまりにもキレイ!! 北海道の美瑛で見た青い池のその色とも似ているような気がしました。






そして展望台到着です。目の前にそびえるのはピッツ・バリュー 

山頂の向こう側はイタリアだそうで前日に見た、コルバッチ、ムオタスムライユ、ピッツネイルの3展望台からの景色とはまた違う迫力で迫って来ます。






この展望台の建物はホテルにもなっていてレストランや土産物店も併設されています。

窓ガラスが鏡になっていてガラス越しに見える雪山の景色もまたステキでした。
この展望台へは日本からのツアー客さんも多く訪れていてあちこちで日本語が行き交っています。

つくづく思うにツァーは良い場所を網羅していますね^^;










その後昨日行ったムオタスムライユ展望台に再度登ることにしました。

あの展望台のテラスレストランの雰囲気が忘れられなくて、あそこでディナーを食べられたら最高だと思ったからです。





でもこの日は昨日とは違ってかなり雨が降ったようで展望台のテラスレストランは閉鎖されていました(;¬_¬)

代わりに展望台に併設されているホテルの中のレストランに入りました。ガラガラに空いていてチョット入りにくかったですが^^;





帰りのケーブルカーの時間までに1時間弱しかないので、早く食べられそうな軽めの料理を選びました。

パンプキンのスープに野菜のソテーをチョイスしました。前菜に春巻きのようなものが出てきてこれがとっても美味しかったです。
メインディッシュよりも前菜がベストだったかも^^;

忙しかった一日が終わりました。この日は一応イタリアまで行ってとんぼ返りで帰ってきて(笑)
ベルニナアルプスの展望台2つに登ったというハードな?スケジュールをこなしました。

ベルニナ急行から見る景色が一番の目的だったので大満足でした。
  次ページ5日目に続く