2013年6月3日 サンセットクレーター国定公園→ウパキ国定公園→化石の森国立公園
next

この日も快晴です。アリゾナの雨季は7月〜8月だそうで、6月のこの時期に雨は降りません。
連日抜けるような青空が広がっていて、日本ではここまで深く濃い青空は、最近見てなかったなぁってチョット感動したりします。






前日に観光案内所でもらったパンフに、「サンセットクレーター国定公園」と「ウパキ国定公園」が載っていました。 
フラグスタッフからは1時間ほどの道のりです。

「国定公園」とは自然景観や歴史的価値が「国立公園」に準ずる地域だそうで、せっかく近くまで来ていてこれは見ないわけにはいかないでしょ!

ということで朝9時にホテルを出発して一路「サンセットクレーター国定公園」に向かいました。

「サンセットクレーター国定公園」と「ウパキ国定公園」はいずれも同じ敷地内(と言っても20キロ以上も離れていましたが^^;)に位置していて、入場料も2ケ所込みになっています。




ビジターセンターで地図をもらって、また車に乗り込んでかなり走ってから、ようやく最初の「サンセットクレーター国定公園」に到着です。

西暦1040年から1100年にわたって大きな噴火があり、溶岩が辺り一帯を覆ったそうで、山一面が黒い台地に覆われていてチョット異様な感じがしました。



溶岩に覆われて真っ黒な台地の上でも緑の木々が育ってきていて、雨が全く降らないこの時期でも花が咲いているのを見ると、生命力の強さを感じます。




「サンセットクレーター国定公園」とセット販売?されている「ウパキ国定公園」ですが、驚くほど距離が離れていて、延々と数十分も走ってようやく「道標」が現れました。

このだだっ広さがアメリカだねぇと妙に感心してました^^;







道標からさらに走ること数分で、ようやくウパキ国定公園のビジターセンターに到着です。はぁ〜長かった!!!







ここも先住民の遺跡だそうです。、前日に見たウォルナット国定公園の住居跡と比べると、こちらは赤い岩石を積み上げてできていて、ずっと豪華で住み易そうです。

平地に建っている古城という雰囲気もあって、なんとなく宮崎アニメに登場しそうなイメージがしました。







この古城ですが、火山の噴火により生活できなくなったのか? 先住民はある日突然、この地を離れていってしまったそうです。

ここまで作り上げたのに去らなければならなくなって、どんなに辛く悔しい思いをしたことか・・・
いつの時代も天変地異に人々は泣かされているのですね。




 



 

ウパキ国定公園を後にして化石の森国立公園目指して走ります。ここから200キロくらいの距離があります。

お昼時になりましたが、どこまでも荒野が続いていて何にもありません。 
日本だったらこれだけ走れば必ずサービスエリアがあって、レストランもあるのになぁとチョット恨めしくなりました^^;



「お腹が空いた〜」とわめいていたら、ようやくサービスエリアがありました。大喜びで入ってみましたが〜
トイレと自動販売機があるだけでレストランはありません(;¬_¬)

その自動販売機ですが、なんと「檻の中に入っていました」w(( ̄ ̄0 ̄ ̄))w
盗難防止のためでしょうね。
日本のようにそのまま設置されていたら、間違いなく窃盗犯に狙われます。お金も食べ物も入っているわけですから!!

この自動販売機でパンでも売ってないかなぁと期待しましたが、スナック菓子と清涼飲料のみ!
仕方ないのでポテトチップスとコーラを買って、朝ごはんの残りのバナナを食べてこの日のランチ終了(;¬_¬)

砂漠地帯を走るときは、お弁当を用意しておかないといけないようです。







化石の森国立公園(Petrified Forest National Park)に到着しました。ゲートで入場料の10ドルを支払います。 

アメリカの国立公園(国定公園も同じ)はどこも(車一台10ドル〜25ドル)と決められています。7日間有効で何度でも出入り可。
後で知りましたが、「アメリカ・ザ・ビューティフル・パス」という年間パスがあるそうで、80ドルでどの国立公園(国定公園)も入れます。

8ケ所以上国立公園に行く予定があればこの年間パスがお得になりますね。
私達も今回の旅でかなりの国立公園(国定公園)に入りましたので、買っておけばよかったかもです!







ゲートから入場してしばらく行くと「化石になった木」がゴロゴロ転がっている風景に出会います。
太古の昔から形成されてきた珪化木は水晶、メノウ、アメジスト、オニキスといった宝石が含まれていて、研磨すると色とりどりの宝石に彩られた美しい年輪が現れます。

この化石は持ち出し厳禁になっていて、出入り口のゲートで必ずチェックされます。なんと行っても宝石ですものね。
世界広しと言えど、公園内に宝石がゴロゴロ転がっている場所はここだけでしょうね^^;







この化石の森国立公園は化石が転がっているエリアから、ペインテッドデザートと呼ばれるカラフルな砂丘の連なりのエリアまで
50kmもの距離がある信じられないほど広大な公園になっています。




 




 
ペインテッドデザートは直訳すると「彩色された砂漠」でしょうか。その名の通りで絵の具で塗られたような、微妙な色の変化が美しい砂漠です。

実は私達○十年前のアメリカ駐在時代に一度ここに来ています。フェニックスに出張の主人に同行して2泊3日でここ化石の森とグランドキャニオンへ行きました。若いからできた弾丸トラベルでしたね〜。

あのときの記憶を呼び戻しながら、目の前に広がる光景をいつまでも飽きずに眺めていました。




この日のホテルはホリディイン・キャニオン・デ・シェイです。

ホリディインは、私達が駐在時代に行く先々で泊まった思い出のホテルです。 アメリカ全土にあって、とにかく便利!
お部屋は結構広くて、値段は安いです。 ホリディインの会員証までゲットしていました! 懐かしいなぁ〜〜





ランチがあまりにもオソマツだったので夜は豪華にホテルのレストランで〜<ってこれのどこが豪華なんだ^^;

スープ取ったはずなのにシチューのような濃い飲み物にポテトチップスがささってた♪(≧m≦)
あとはハンバーグとパスタをチョイスしました。

アメリカのレストランのメニューでハンバーグがあるのはとても珍しいです。初めて食べました。
味は日本のものとは違っていましたが、とにかくお腹が空いていたので美味しくいただきました。この日は残さず全て平らげましたよ^^
  次ページ6日目に続く