10月9日 グランドキャニオンからルート66を通ってラスベガスへ

 
  

10月9日の朝です。
今日でアメリカ中西部の旅最後の朝になるので、最後の朝陽を見なくてはと、張り切って起きました。
夜明けは6時半ごろなので20分ごろにロッジを出てリムトレイルを歩いて撮影に最適な場所を探していました。

東の空を見るとどうやらリムではなく反対側の森に朝陽が昇るようで、チョットガッカリ!


 

日の出の瞬間です。何度見ても厳かな気持ちになりました

リムも日の出と共に光が差し込んできて柔らかな世界になります



ヤバパイポイントまで歩いてきました



すでに二人のカメラマンさんが撮影中です



私も仲間に入れてもらって^^;



刻々と表情を変えていくリム・・・



この日は雲もドラマチックで美しいグランドキャニオンを飾ってくれました♪




 
   あちこちに野生動物がいます! ウマがうまい具合にヾ(≧▽≦)″



鳥もとりどりに^^;




早朝散歩を終えてビレッジに戻ってきたのが8時半 2時間もリム沿いをウロウロしていました!おかげでお腹がぺこぺこ^^;
この日はブライトエンジェルロッジのレストランで朝食を食べました。 今日も美味しくいただきました♪


ゆっくり散歩できて、大満足でグランドキャニオンを後にしました
グランドキャニオンからラスベガスまでは248マイル(396km)の
距離があります。     

フツウに走っていれば5時間でラスベガスに到着しますが、アメリカで遊べる最後の日になるので、途中で寄り道しようと計画中^^

どこまでも続く一本道にも慣れてきてなんとなくコレがアタリマエな
感覚になってくるから不思議^^;
運転も楽でナビも必要なしでいいのですが〜眠くなってくるのが困りもの^^;


     
 


    

ガソリン入れるのも最後になりました。
アメリカでは どこもすべてセルフです。

最初は結構大変でした〜やりかたがあちこちで違うのです。
その場でクレジットカードを差し込むやりかたのところや、
ガソリン入れてから、店で支払う形式のものや、両方OKな
店もあり、やり方が丁寧に書いてないところもあって
相方もセルフに慣れていないのでウロウロしてました。

最後になってやっと慣れてきてスイスイに<遅い^^;
ハイウエーを走っていて、 ルート66(Historic Route 66)の標識を見つけました。ここが私たちの旅の最後を飾る場所になりそう^^
ルート66というとすぐい思い出すのが大ヒットしたあの歌です。
ドラマも人気だったそうですが、あまりに昔のことゆえ記憶が定かではありません。
でもなんとなく「アメリカの大陸横断道路のルート66」は頭の片隅にずっと残っていました。

でもその懐かしいルート66は今ではもはや幹線道路ではなくなってしまいました。
より大きく、より直線で 、より速い、州間高速道路が完成した1985年にその役目を終えて、地図の上からもその名前が消えてしまったのです。

ルート66の復活を願う人たちの要望によって現在では、旧国道66号線(Historic Route 66)として、国指定景観街道に指定されて います。

私たちはその Historic Route 66のほんの一区画 セリグマンからキングマンまでの100kmほどを走ってきました。

 
  

セリグマン到着です なんとなく寂れたイメージですが^^;



一角にひときわ華やかなお店を発見!



1950年代が一番華やかなりし時代だったのですね〜



  この標識も今はもう見られないようで・・・

  

そういえばこんな車映画で見たことがあるような

 
   一瞬ドキッとしましたがマネキンです^^;


お店の中も古き良き時代が一杯


マニアが見たら垂涎もの?

      

お昼どきになったので、お店を探していたらコーヒーの文字が目に入り^^



ご主人は元バイロットで、日本にも行ったことがあるそうで
とてもフレンドリーなお店のご夫婦です♪

セリグマンを後にしてルート66をひた走り
しかしここも何にもない道ですね〜^^;
車の数が極端に少なくて、やっぱり寂れている!!

Historic Route 66頑張って!!とエール贈りたい気分になりました

セリグマンから100キロほど走ってキングマンに到着しました



キングマンのインフォメーションセンターです


ここもやっぱり寂れていて^^;




有料の展示施設にも入ってみました




ルート66の歴史を上映しているシアターもありました





ルート66を出て、ラスベガスまでひた走り〜しばらく走っているとフーバーダムの標識が見えてきました。
ダムに興味はないから素通りしましょと言っていましたが、寄るつもりがなくてもここに到着するような道路になっていて^^;
見学まではしないけど一応記念撮影だけはしてきました(笑)


あたり一面夕闇が迫るころになってようやくラスベガスの灯が見えてきました。
今回の旅の出発点になった賭博の街へまた戻ってきました。

慣れないアメ車で慣れない道でのロングドライブ 最初はチョット心配もしましたが、どうやら無事に終了です。

レンタカーで走りまわる旅は、何より自由気ままで気楽でいいなぁと
すっかりハマリましたね〜
当分クセになりそうで、来年もまたこのスタイルでどこかへ行きたいと二人で話してました。

しかし旅が終わる前から次のことを考えるのもチト気が早いかも^^;





ラスベガスを発って、機上の人になったのは日付が変わった10日の0時50分です。
延べ10日間の旅、と言っても飛行機の往復で2日はかかるので実質は8日間だけでした。
終わってみれば短い旅だったかもしれません。
日本の上空にさしかかりふと外を見たらなんと雲の上から富士山が顔を出していました。
やっぱり富士は日本一の山ですね〜雲より背が高い!! 
感動しました(=´∇`=) 帰ってきたんだ〜と実感しました♪ 

  


長い旅行記を最後まで読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m
Photo Galleryに今回の旅の写真をアップしてありますので、そちらもあわせてご覧いただけると嬉しいです^^
   
 
前書き
ラスベガス
ザイオン
ブライスキャニオン
モニュメントバレー
レイクパウエル
グランドキャニオン
ルート66