11月4日(6日目) シャーロッツビル
気持ちよく目覚めました。外はまだ薄暗くてチョット寒そう

せっかくこんな風光明媚な所に泊まっているのですから、これは
日の出の瞬間もさぞ美しいだろうと、ワクワクしながらホテルの周りを散策しました。

でもこの日は今回の旅で唯一の曇天(少し雨降り)で
太陽は雲の向こうに隠れて出てきてくれません〜残念!

もう一泊できるので明日に期待です。

ここシャーロッツビルは第三代大統領トーマス・ジェファーソンの故郷として有名な町です。
そのジェファーソンの家で世界遺産にもなっているモンティチェロへ朝一番で行きました。駐在時代にも来た所で懐かしさが募ります。

ここもガイドツアーになっていて、20人くらいでガイドさんの説明を聞きながら一部屋一部屋見て周ります。写真撮影は不可でした!
このガイドさんがとっても明るくて生き生きと楽しそうなので、見ていてとても好感が持てました<説明は半分も分かりませんでしたが^^;



館を見学中のときは雨が降っていましたが、外に出たらやみましたp(^0^)q
広々とした前庭には季節の花が咲き乱れています。雨上がりの瑞々しい庭園はため息が出るほどきれいです。
菜園もありゆっくりと散策しました。




広大な敷地内にはジェファーソンのお墓もありました。一応お参りもして、森の散策路を通って駐車場に戻ります。



モンティチェロから車で5分ほどの距離にあるミッキータバーンは200年以上も前の居酒屋兼宿屋です。
現在もレストランとして営業していてここの南部料理は美味しいと「地球の歩き方」にも書いてあったので、早速入ってみました。
ビュッフェスタイルでフライドチキンや煮込み料理などがあって、これはなかなか美味しかったです<地球の歩き方は正しい(笑)



その後もう一つの世界遺産のあるバージニア大学へ向かったのですが、駐車場が見つからなくて一苦労!
大学付近では止めるのはあきらめて、モール付近に止めてトロリーバスに乗って広い大学構内を車窓で見ることにしました。
このトロリーバス観光客のみならず学生も大勢利用していました。これなんと無料なんですよ〜さすがに大国アメリカは太っ腹^^ 
 

  そしてこれが世界遺産のバージニア大学講堂です。
ジェファーソンの設計だそうでモンティチェロと雰囲気がソックリ!

駐在時代にもここは見ましたが、あの当時はどこでも駐車できましたからね〜この近くまで行ってしっかり見てましたが、今回はバスの中からの車窓のみでチョット残念でした。

そしてダウンタウンモールでトロリーバスを降りて、モールの中を散策です。
このダウンタウンモールはシャーロッツビルの人気スポットになっていて、6ブロックに渡るショッピングモールになっています。
可愛い雰囲気のお店などがあって楽しいスポットでした。
 
 




ホテルのレストランがイマイチだったので、この夜のディナーはホテルの前にあるステーキハウスで食べることに!
家族連れで賑わうファミリーレストランでした。お値段も安くてメニューも豊富で、ここもフツーに美味しかったです<やっぱり?^^;


  次ページ 7日目に続く