10月9日
 オタワ→トロント
 



夜中にスゴイ雨音で目が覚めて「あ〜やっぱり雨だ!」とガッカリしましたが、朝起きてみると止んでいました! ラッキー(=´∇`=)

早速恒例の朝食前の散歩に出かけました

どんよりとして今にもまた雨が降りだしそうな早朝のオタワの街・・・シーンと静まり返って人も車もまだ眠っているようです。

 




リドー運河沿いの右側に私たちが泊まったシャトーローリエホテルと、左側に国会議事堂が見えます。
紅葉の木々が美しくて、しばしうっとりと眺めていました。

 


2、3kmほど散歩してからホテルに帰って来ました。 さぁ〜お楽しみの朝食タイムです!
しっかり歩いたあとなので食欲も旺盛で^^; この日もどっさり食べました〜美味しかったです(*^^*)



今日でカナダは最終日になります。翌日にはもう帰りの飛行機に乗らなければなりません。
そう思うと一瞬たりとも無駄に出来ないと思い、朝食後にすぐオタワ見物に出かけました。

なんと朝のどんよりした空はいつの間にかすっきり晴れて青空になっていたのです〜ウレシ〜o(*^▽^*)o~♪
昨日の午後にも通った公園も、朝の陽射しに木々が輝いて全く別の風景に見えます。

この時期のオタワはアルゴンキンやローレンシャンのように寒くもなく、ほどよい気候で気持ちよく歩けました。

 

カナダ国立美術館です。ガラス張りのまるで温室のような外観




美術館の隣に聳えた建つのが有名なノートルダム寺院

 

 



近くまで歩いてきて珍しいオブジェがあるのに気づきました。 
なんと六本木ヒルズの正面玄関にあるクモのオブジェと全く同じものなのですね〜ビックリですw(゜o゜)w オォー
もしかしたらカナダの有名な彫刻家さんの作品なのでしょうか?
何も説明書きがなかったので知る由もありませんが・・・

 

 




ノートルダム寺院の中に入りました。 1939年創建の、現存するオタワ最古の教会です。
煌く夜空のような青い天井と、黄金の祭壇が荘厳でキレイです!!言葉が出ません・・・





係りの方が説明してくださいましたが、この柱は一見大理石に見えますが、実は木製だそうです。

手でさわってみてもひんやりとした感触で、彩色の美しさを
見ても大理石と見まごうばかりの出来栄えだと感心しました。

柱だけじゃなくてこの教会の内装はすべて木製だとか!
どことなく暖かみを感じるのはそのせいかもしれませんね。
 
 
そして大聖堂の魅力といえばやはりこれでしょう! 光り輝くステンドグラスの美しさ!! 一つ一つすべて違う絵柄になっています

大聖堂を出て色づく街を散策です。 

大都会なのに首都なのに、人込みもなく、どこかゆったりとした感じがしました。
 

我家には年頃の娘がいますので、ウエディングドレスのお店の前は素通りできませんでした^^;

中に入ってじっくり見て見たい気がしましたが、ここで気に入ったのが見つかっても買えるわけじゃなし^^;

ショーウィンドウから見るゴージャスなドレスをうっとりと眺めるだけに留めました。
 
もっとじっくりオタワの街を見物したいと思いましたが、ホテルのチェックアウトの時間は11時だし、この日はこのあとトロントまで
445kmものロングドライブを控えているのです。

ホテルを後にして通りを走っているときに見かけた二階建てバス
ロンドンやパリでも見かけた懐かしいバスです。
ここオタワでは市内観光用に使われているようで、乗ってみたかったなぁって思いました〜残念!!

もう一日泊まりたかったですね〜たったの一泊だけではもったいなかったです(>_<)

オタワを抜けて郊外のハイウェーに入るとどこまでも続く一本道になります。 時速110kmくらいで走れるし車の数も多くないので
スイスイです。

この日もランチを食べるためにハイウェーから横道にそれてお店を探しました。
ほどなくボストンピザのお店を見つけて、早速ここに入ることに!!

ピザ屋さんなのにピザ以外のものばかりオーダーして^^;
何を注文しても量が多すぎるので、相方と必ず違うものを注文して半分づつ食べています^^;
今回は相方がパスタで私はローストビーフサンドイッチを選びました。
パスタはスパイシーでチョット辛目の味付けでボリュームもスゴイ!! ローストビーフもかなり大きめなパンにはさんでありました。
二人で半分づつ頑張って食べたのにどっさり残ってしまいました。

お皿を下げに来たウェイターさんが何か早口でまくしたてたので、「下げていいか?」と言ったんだと思い「イエス」と言ったんですよね〜
そしたら残り物をトレイに入れてお土産に持たせてくれたんです。 「残り物を持ち帰るか?」と聞かれたんですね〜^^; 

もらった以上これは夕食に食べなくては^^;
 

お腹が膨れたあとのロングドライブはひたすら眠気との戦いになります。
なにしろどこまでも続く一本道で、景色も変わらないし〜レストエリアもないし〜とにかく変化がほとんどないんですよぉ〜
車の数も少ないので緊張感もない・・・考えてみたらこういうのが一番危ないのかも^^;

助手席の私はついウトウトしてしまいがちですが、1人運転している相方は居眠りしないよう苦心惨憺しています。
こういうときの眠気対策として、私たち毎回やっているのが
シリトリ!ヾ(≧▽≦)″
子供だましと思うなかれ〜これは本当に効果覿面です!

「シリトリ」 「リス」 「 スミレ」 「レース」 「スイカ」 「カラス」 「スミ」 「ミス」 「スリ」 「リース」 え〜っと ス ス ス
すぐに言葉に詰まってしまい頭悩ませますからヾ(≧▽≦)″
眠気も吹っ飛んでいきますよ^^;
 
 


しりとりのおかげで?(笑) 居眠りすることもなく事故にもあわずどうにか無事にトロントに到着しました〜すでに夜です。
トロント国際空港内のレンタカーリターンを探すのに一苦労して、右往左往しながらもなんとか返すことができてホッとしました。

この後空港内のラウンジで一休み・・・帰国便の搭乗までにはかなり時間があるので、日本から持ってきた本をここで読んでました。
2冊しっかり読めましたよ^^;



10月10日、11日
 トロント→名古屋
 
 

ラウンジで待つこと数時間 機上の人になったのは日付が変わった草木も眠る丑三つ時^^;

上から見下ろすトロント国際空港の夜景はまるで宝石箱のようにキラキラ輝いていました。100万jの夜景と言えるかも^^


 


飛行機の窓から外の景色を眺めるのが何より大好きな私
夜が明けてキレイな青空や白い雲が見えると気持ちも弾んできます。 長いフライトの後、中部国際空港に到着すると「はぁ〜終わってしまった」とチョッピリ寂しくなりました。

非現実の世界から現実の世界に戻ってきました。私たちより6日間先に同じカナダへ旅してきた、のりぴーはどうだったんだろう?
また後でゆっくり感想を聞くのが楽しみです。 同じところを旅してきた仲間は感動を共有できますから^^ 

たった10日間の旅ではありましたが、紅葉真っ只中のカナダを満喫できた満足感で一杯でした。


 

長い旅行記を最後まで読んでくださってありがとうございました。

今回の旅の写真をGARELLYにアップしてありますので、そちらもあわせて見ていただけると嬉しいです。