8/18

8月18日
ロマンチック街道 2日目


夜グッスリ眠ったおかげで (なんと連続10時間も寝ました^^;)
時差ボケもなく爽やかに目覚めた朝、
朝食もそこそこにホテルをチェックアウトしました。
この日は、一日だけのANA系列のビスターナヨーロッパツァーを予約してあったのです。

 

このツァーはフランクフルトから、
古城街道のハイデルベルクを通って
ロマンチック街道のローテンブルク、ディンケルスビュール経由でミュンヘンまで

バスで一日かけて回るという、私達にとってはおあつらえ向きのツァーだったのです。

フランクフルトでの集合場所は、前夜泊まったインターコンチネンタルのロビーです。
ツアコンさんがすでに待っていて「今日は人数多いですよ!36人います」とのこと!
外で待機しているバスに乗り込むとすでにかなりの人数が乗っていました。

夏休み中ですからお子さん連れのご夫婦とか年配のご夫婦、お友達同士等々・・・
このツァーを利用する人達は私達と同様、個人でドイツへ来ていて、この1日だけ
バスツァーを利用している人ばかりです。
中にはイギリスをぐるりと回ってきてからドイツへ来たという人もいるようです。


この手のツァーはバスであちこちガイドさんに連れられて回るわけですが、ツァー客同士が仲良くなるのは大抵2日目以降なんですよね。
一緒に食事をしたりすると少しずつ打ち解けて話しをするようになる・・・
だから今回のようにたった一日だけのツァーでは全く話しもせず、ただ一緒に回るだけになります(笑)
なんとなくお互い気にしてはいるのですが、知らん顔を決め込むヾ(≧▽≦)″
日本人ってやっぱりシャイ?なんでしょうね!

 

この日は土曜日なので渋滞もなくバスは順調に走ってまず
古城街道沿いのハイデルベルクに到着!

古城と大学の街、ネッカー川沿いの美しい街です。
小高い丘から見下ろすと家々の屋根が赤くて本当にキレイ!
まるでおとぎの国の街のようです♪

この美しい街を日本人36人がひとかたまりになって歩く姿を
想像して下さい!(笑)
ツアコンさんが旗を持っていなかったのがせめてもの救いでした^^;


途中の教会では丁度結婚式が終わったばかりで、新郎新婦が出てきて
参列者の人達と記念撮影しているところでした。
娘が「いいなぁ〜こんなステキな教会で結婚式あげて〜♪映画みたい〜」
とうっとりと眺めてました。

でもよぉく見ると新郎新婦は40代くらいにみえる(^^ゞ

花嫁さんが着てているドレスも白ではなく黄色だったので
「あの人達多分再婚でしょう! ウェディングドレスが白じゃないのが
その
証拠
それと隣りにいる子供達は連れ子かも??」と 振り返り振り返り
熱く 語っていたら、
娘に「あ〜夢こわすぅ〜〜」とクレームがつきました^^;

あ〜でももしかして初婚のお二人だったら勝手に憶測しちゃって本当に
ゴメンナサイm(_ _)m

ハイデルベルクの次に止まったのはこの日のハイライト!
ロマンチック街道のローテンブルクです。
この街は城壁に囲まれていて、中世がそのまま残っている夢のように可愛い街なんです。

ここでは2時間半の自由時間がもらえる?(笑)ということで張り切ってあちこち歩き回りましたねぇ♪
まずはランチを食べなくちゃとマルクト広場近くのオープンカフェに入りました。

メニューはもちろんソーセージとザワークラウト!!
ドイツへ来たらもうこれっきゃないでしょう(^-^)/
とっても美味しくて憧れのオープンカフェも嬉しくてウキウキしていたんですが、食べ始めるとどこからか1匹2匹ブ〜ンと蜂が飛んでくるんです!
コーラやジュースの中にまで入って来るし、とにかくウルサイし刺されるのが恐い!!
追っ払っても追っ払っても飛んでくるので落ち着かなくて食べた気がしません!

ふと見るとドイツの人達は蜂が来ても平然としてるんですねぇ!
さすが慣れてる(笑)
オープンカフェで食事するにはムシする度量の大きさが必要なんですね^^;

←おなじみマックの看板も
ローテンブルクだとこんなに
クラシックでステキ♪

しっかり街並みにとけこんでるんですね!
ローテンブルクの街はロマンチック街道の中でもハイライト的な人気スポットなのでこの日も観光客が一杯!
どの小道を歩いてもフォトスポットになるほど美しい街なので、
家族全員かなり興奮してひたすら
撮りまくっていました。
息子はデジタルビデオで撮影し、娘はデジカメで撮りまくり、主人は35mmカメラで、 私はAPS小型カメラで・・・
撮影旅行だったの?(笑)
いやぁ〜 どこから見ても典型的日本人!!(笑)
 


そうこうしてるうちにアッという間に2時間が過ぎてしまい慌てましたねぇ(>_<)
ガイドブックと首っ引きで見たい所に赤丸をつけておいたのですが、その半分も見ていません!
特に私が一番見たかった「人形おもちゃ博物館」にはどうしても行っておかないと 死ぬまで後悔することになるとダンナを脅し(笑)、地図を必死で見ながらやっと探し当てたときにはもう残り10分しかありませんでした。

この日は暑くて喉も乾いていたし、ローテンブルク名物のシュネーバル(丸いあげパンのようなお菓子)も
どうしても買って行きたくて、人形おもちゃ博物館へは私と娘だけが入り、ダンナと息子には
「シュネーバルと飲み物を買ってきてね!」と
命令して? あ いえいえ お願いして(^m^)
なんとか時間内に納めました。 へろ〜

ツァーは効率よく観光地を回るには最適なのですが、このように時間の制約を受けるのが難点ですね(>_<)
特に好きな所でのんびりしたい私達には向かないなぁってしみじみ感じました。

その後バスは、やはり城壁に囲まれた中世都市ディンケルスビュールを通り(ここでは30分滞在^^;)
夕方ヒルトンミュンヘンシティーホテルに到着して解散となりました。

 

このホテルは私達がこのドイツ滞在中ずっと連泊する予定のホテルです。
今回「特別サービス月間」とかで格安料金で泊まれました。ラッキー♪o(^-^)o♪

日本ならお盆の頃はかなり割高なのですが、 ミュンヘンのホテルが一番高いシーズンは
国際見本市やオクトーバーフェストのある10月だそうで、この時期には一気に数倍に
はねあがってしまうんだそうです。
時期によって料金が違うのは日本もドイツも同じなんですね♪

部屋に着いて荷ほどきをしてホット一息つきました。
明日からが本当の自分たちの旅の開始だと妙に気分が高揚していましたねぇ(笑)

さぁ〜明日はミュンヘン市内観光!!
今日の反省を踏まえて、「気に入った場所ではじっくりのんびり見る!!」をモットーにします!!

続きは次週にね

   

トップページに戻る     前ページに戻る    次ページに行く