プロローグ
8/17
8/18
8/19
8/20
8/21
8/22
8/23
8/24
8/25
エピローグ
8月22日
ノイシュバン・シュタイン城 その1
6日目
 

6日目になりました。

この日私達はレンタカーを借りました。
せっかくドイツへ来たら思いっきりアウトバーンを走ってみたい!!
バスや列車ではなく自動車なら、気の向くまま思いのままの場所へ行ける! そう思ったんです♪

 
  私達が予約したのは全世界140カ国以上をオンラインで結ぶHertzです
ドイツのレンタカーは、オートマチック車が少ないことをはるさんに教えてもらっていましたので
乗り慣れたオートマ車が借りたくて、日本からしっかり 予約して行きました。

せっかくドイツへ行くんだからドイツの車がいい! 
どうせならメルセデスベンツを借りよう!
日本では高級車の代名詞にもなっているけれど、ドイツではタクシーもベンツ
が走ってるし、レンタカーで借りるのならそれほど高くないし!!
決まり(^-^)/

いともお気楽に車種選びやっちゃったんですよね^^;
ハウフト・バーンホフ(中央駅)の中にあるHertzの受付で車のキーをもらって、
地図を見ながら近くの駐車場まで行き(セルフサービス?^^;)、そこで私達の?
メルセデスS320Dと初お目見えしました!!

  デカイ!! 紺色のどでかい車でなんか威圧感すら覚えるほど(^^ゞ
乗ってみると、助手席のシートが一番後まで下がっていて、後の座席が超せまい(>_<)
元に戻そうにもパワーシートが壊れているらしくうんともすんとも動かない! もぉ〜いやだ〜
運転席は正常でちゃんと動くので「ま いっかぁ!」ってことで出発することに^^;
当然家族で一番チビの私が助手席の後の狭い席ということになって、こんなデッカイ車なのに
窮屈きわまりなく乗る羽目になっちゃいました( ̄- ̄;) 

地下4階の駐車場から地上に出るまでがまた大変!!
狭いカーブを普通よりデカイ車で通り抜けなくてはならないのです。

この時点で「あ〜 失敗したなぁ〜」ってしっかり思っちゃいました。  
おまけにこの車出足が非常に悪い! 車体が重すぎるからなんでしょうか?
(あ これは決してベンツを誹謗しているのではありません! たまたま私達の借りた車が具合
悪かっただけですので誤解無きよう〜〜メルセデスファンの皆様〜m(_ _)m)


ミュンヘンの街中をなんとか無事通り抜けてアウトバーンに入ると家族全員
ホッと一息つきました。
うちのダンナ日頃は穏やかなのですが、ひとたびハンドルを握ると人格がガラリ
と変り
に変身?(^m^)
目をランランと輝かせてスピードを出す出す!! 
気が付くと200q出てました。( ̄□ ̄;)!!  なんてったって速度規制なし( ̄^ ̄)/☆
日本では東名高速で160q?が限度だったので、この速さは生まれて初めての体験で
家族全員かなりエキサイトしましたねぇ!!
 
この日は当初の予定ではリンダーホフ城へ先に行くはずだったんです。
ネット仲間のはるさんが、ミュンヘンからリンダーホフ城までの詳しい道のりを書いた地図を事前に送って下さったので、それを見ながら 楽々行けるはずでした・・・? ところが〜〜( ̄- ̄;) 
運が悪いことに、途中の橋が工事中で通行止めになってしまっていたんです!!
私達は大幅に道を変更しなくてはならなくなってしまいました。
それで急遽オーストリア経由で先にノイシュバンシュタイン城へ行くことに
決めたのです。
 

ナビゲーターは息子です! 地図を見ながら「次は右!次は左!」というようになんとか迷わずに走り抜けてきました・・・途中までは^^;
ガルミッシュ・パルテンキルフェンという舌をかみそうな地へ来たときに
ついに迷ってしまいました。
「あの教会を曲がって!」行けば大通りに出るはずがどんどん小道に迷い込んで
しまって・・・
景色の素晴らしい所だったんですけどね^^; 堪能する余裕はなし(笑)

私達は途中にあったショッピングセンターに入って、そこで詳しい地図を買おうと
思いました。
でも本屋さんはあっても地図はなくて、 どうしよう〜と途方にくれていたら、
本屋のご主人「電話帳にこの付近の地図が載ってるから」と、わざわざコピーしてそれを見ながらくわしく道を教えて下さったんです。
英語はペラペラだしとっても親切でしみじみ「ドイツの人達って良い人ばかりだね」って思いました^^
ますますドイツが好きになりました

 
 

ガルミッシュ・パルテンキルフェンという地名はきっと一生忘れないでしょうね(笑)
なんとかそこを抜け出して、地図に載っている大通りに出られたときの嬉しさ^^
ナビゲーターしてる息子もかなり疲れた様子!(笑)
その後は迷うことなくスムースに走って、午後2時半頃にノイシュバンシュタイン城のふもとに無事到着しました。
つづきは次ページに・・

トップページに戻る     前ページに戻る    次ページに行く