8月23日
ホーエンシュヴァンガウ城
7日目
 

7日目の朝を迎えました。

目覚めてふと窓の外を見ると今日も素晴らしいお天気♪
山の上のノイシュバンシュタイン城が朝日にキラキラ輝いていてなんだかとっても幸せな気分になりました。

今回の旅行中 起床時間は7時と決めていたのですが、子供達はなかなかその時間に起きなくて毎朝私達が
待たされてます^^;
この日も準備万端整えて子供達の部屋へ行くと、「寝坊しちゃったぁ」と大騒動している様子(笑)
「朝の散歩行ってくるから、テキトーに急いで!」と言って外へでました^^;

 


ホテルのすぐ側に湖があるんです。早朝(といっても8時^^;)なので人通り
はなく、朝日で輝く湖面がステキでしばし散策を楽しんでいました。

ふと湖面に動くものが見えたのでじっくり見てみると女性が一人で泳いでいます。
夏とはいえ朝は涼しくて長袖のジャケット着てちょうど良い気温なのですが、
ゆうゆうと湖の真ん中へ向って泳いでいるんですよ!

カナヅチの私は見ているだけで恐ろしくなってきました。
溺れても私助けてあげられないよぉ〜って誰も私に助けを求めないって?(;^_^A )

 
  この日の予定は、ホテルの近くに建っているホーエンシュバンガウ城を見ていくこと!
昼食までここに滞在してこのあたりの景色を思う存分堪能してから、 次の目的地リンダーホフ城へ!
 
ホーエンシュヴァンガウ城は「高台にある白鳥の地
という意味だそうで、先に行ったノイシュバンシュタイン城を建てたルードヴィッヒ2世が育ったお城です。
クリーム色の瀟洒な外観で、このお城もロマンチックな
中世の魅力が一杯!!
大勢の観光客が訪れていました。

ここも中はガイドツァーになっているんですが、チョット
面倒になってたので外周りのみ見て
全部見たことにしようってことで降りてきました^^;

お昼はテラスレストランで食べましょうとウキウキしながら
入りました。
オーダーしたのはまずハンガリー名物のグヤーシュスープ
このスープは 前夜の食事でも食べてその美味しさは実証済み

飽きずにお昼も頂くことにしました。

赤いパプリカ が利いていて見た目辛そうですが食べてみると
こくがあって実だくさんでホント美味しいスープなんです^^
日本のレストランでもきっと人気メニューになるだろうなぁって
思いましたよ^^

 

メインディッシュは白ソーセージ!!
これは朝食べるソーセージだそうですが、ここまで一度も朝食に出たことが
なかったのでこの機会に是非食べておきたいと思いました!

皮を剥いて食べるのでチョット食べにくいのが難点かな
味はまろやかでなかなか美味しいソーセージでした♪ 
 

ただ問題がひとつ(>_<)
が一杯飛び交っていて、食事中蜂に刺されないかと冷や冷やしながら食べなくちゃ
ならなかったこと^^;
他の人達も皆死で蜂を追い払いながら食べてる^^;
中には蜂に刺されて泣いている子供もいたりして、結構これは大問題なのでは?
飲み物の中に入ってくるのでコースターでふたをして生け捕りにしてみたり^^;;
(でもそれで飲み物はもう飲めません  クー(;_;)  悪戦苦闘の1時間でした〜

ローテンブルクでもオープンカフェで蜂とたわむれた(笑)記憶があるので
一見優雅に見えるテラスの食事も結構苦労があるものだと悟りました?(;^_^A )


ランチも無事終えて(笑)さぁ〜そろそろ出発です!
山の上のノイシュバンシュタイン城と丘の上のホーエンシュヴァンガウ城・・・
2つの城に別れを告げて、3つ目のリンダーホフ城に向って私達のデッカイメルセデスは
意気揚々と 出発したのでした。

 

途中の山道は狭くてセンターラインが引いてありません! 
おまけにガードレールもないので、対向車とすれ違うときは結構 恐い!!
対向車がカーブをふくらんで走って来たりすると、デッカイメルセデスは崖側
ぎりぎりだったりするんです(>_<)

ダンナとナビゲーターの息子はかなり神経すり減らしていたようです。
後部座席の私は? 居眠りしちゃったりして?(;^_^A )
山岳ドライブを満喫してました(爆)

続きは次ページに

 

トップページに戻る   前ページに戻る   次ページに行く