エピローグ
8月24日
再び ミュンヘン
8日目
 

8日目になりました。

翌日にはミュンヘンを立つ予定なのでこの日がミュンヘン最後の日になります。
見たいところが山ほどあるのにまだ殆ど行っていないねぇとため息ついていました。
車や飛行機好きのダンナと息子は博物館へ行きたいし、 絵が大好きな私と娘は美術館へ行きたいし!

これはもう2組に別れてお互いそれぞれ行きたい所に行くっきゃないねってことになりました。

男組は午前中にBMW博物館へ行き、その後ドイツ博物館へ行ってそこでランチも食べる!
女組は午前中はアルテ・ピナコテーク(古典絵画の美術館)へ行き、お昼はネット仲間のはるさんと
ランチオフ会をすることになりました。^^

 

地下鉄を乗り継いでたどり着いたアルテ・ピナコテークはクラシックなれんが造りの
広大な建物でした。

10時開館と同時に入って入場料を払って (ここ日曜日だと無料になるんだそうな!
マックだと平日半額ですがここは逆?)  次回は絶対に日曜日に来なきゃ!

中に入ると想像以上に広い展示室にまずビックリ!!

 
  私も娘も絵が大好きなので日本でもよく美術館へ足を運びます。
名古屋に新しくできた「名古屋ボストン美術館」へは3回くらい行きましたが、いつ行っても人が多すぎてゆっくり見られなかったんです。

それなのにここはなんて空いているんでしょう!
とにかく広いので大勢の人が訪れてもゆったり見てくつろげるスペースがあるのですねぇ!
1836年にバイエルン王であったヴィッテルスバッハ家のコレクションを収めるために作られた美術館だそうで、フランスのルーブル美術館、イギリスの
大英博物館などと並んで、世界6大美術館の一つとされているだけのことはあります。

ルーベンスの絵は必見との情報を得ていたので探していたらありました!
そのあまりの大きさにしばし呆然!!
大きさと迫力と壮大さに圧倒されて娘と二人声も出せずに見ていました。

写真撮影は可(フラッシュはダメ)とのことで、パチパチ写していたんです。
場内はかなり明るいので自然光で写せていたんですが 至近距離で撮ろう
としたら、絵が暗かったせいかフラッシュが光ってしまい
あ!! しまった」 と思う間もなく!!! 
来ちゃいました!! ガードマンのお兄さん((((((^_^;)

「ここはフラッシュはダメです! このカメラはバッグの中にしまいなさい」としっかり怒られてしまいましたv(^o^")v
「すみません」とひたすら謝ってすぐにその場を立ち去りました。

 
 

いくつも部屋があるのであちこち見ていたら娘が
「お母さん さっきのガードマンが私達を見てる!」って!!

見ると本当にさっきの人がそれとなく私達のあとをつけてきてるんですねぇ(笑)
どうやらすっかり要注意人物とみなされてしまったようです(>_<) 

見張られていると思うと落ち着かなくて、この部屋からはそそくさと出てきました!

この日は「MURILLO」の特別展をしていて、そっちを見てこようかということになり
会場へ行ったのですが、ここは別料金なので、最初にチケットを買うときに
併せて買わなくてはならなかったようでここも見られず!! 残念!!

 


このアルテ・ピナコテークのすぐ近くにノイエ・ピナコテーク(近代美術館)もあって、そちらも
見たいと思ったのですが時間が足りませんでしたねぇ(>_<)
ふと気が付くと11時を過ぎてしまっていたのであわてて出てきました。

はるさんとの待ち合わせ時間は12時!場所はベッターシュタインプラッツという地下鉄の駅!
アルテ・ピナコテークからは逆算して40分くらいはかかりそうなので、下手すると遅刻してしまうと
かなり焦っちゃいました!

トラムに乗る予定で待っていたのですが、こんなときに限って待てど暮らせど来ない(>_<)
「歩いた方が早いかも!」と思い歩き始めました。

  とにかく気持ちが焦ってたので早足で歩いていたら後から娘が
「お母さん すんごい速い!!」と息切らせて歩いてきます^^;
  私と娘は座ると同じで、立つと娘が6センチ背が高い?(;^_^A )
だから私はひたすらピッチ走法で歩いていて、娘はストライド走法かな?
ピッチの方が勝ってますねぇ(笑)
 
 

ふと後を見るとトラムが走ってきてる!! あーーー!!早まった!( ̄□ ̄;)!!
でも100メートルくらい先に次の停留所があったので、「走るよ!!」と言って 全力疾走!
かけっこいつもビリの私でしたが、このときばかりは高橋尚子も真っ青のウルトラスピードが出ました^^;
おかげで間一髪間に合って乗れました^^
娘と二人 腹式呼吸しながら全身汗びっしょり?(;^_^A )

トラム、Sバーン、Uバーンと乗り継いでベッターシュタイン・プラッツ駅に着いたのは11時55分でした♪ 
ぎりぎりセーフでしたね(^_-)-☆

出口がいくつかあるので、ち
ゃんと会えるだろうかという不安な気持と、初めてお会いする緊張感で
ドキドキしながらエスカレーターを上がっていきました!

続きは次ページに 

 

トップぺージに戻る    前ページに戻る    次ページに行く