浪漫飛行 to Germany U
旧東ドイツの街々

(2005年9月23〜30日)
 


私たち夫婦にとってドイツは憧れの国です。死ぬ前に3度は行きたいというのが口癖でした!そろそろ急がないと間に合わない?^^;

1度目は4年前の2001年の夏! 家族4人でミュンヘンに9日間滞在したのが最初でした。
初めてのドイツは期待にたがわぬ美しさと面白さ?で忘れられない旅になったのです。

 


そして今回は、たまたま相方にベルリンへ出張の話が持ち上がって、
「 2度目のドイツへ行ける〜」と大喜びしました^^

4年前は 旧西ドイツの町々を巡る旅でしたが、今回は旧東ドイツ! 
西ドイツと東ドイツ 同じ国でどんな相違点があるんだろう? 
期待に胸膨らませて出発しました。

国際線に乗って最初に着くのがフランクフルト、ドイツのちょうど真ん中に位置する
大都市です。ここから国内線に乗り換えて各都市に行きます。


今回は地図で見るとドイツの北側に位置する、旧東ドイツのベルリンをメインとした
旅になりました。
観光旅行ではなくて出張なので、仕事の合間を縫っての旅です。

9月23日から30日までの8日間 ベルリン を基点にして、ポツダム、ライプツィヒ、
ドレスデンを巡って来ました。


 




旅の楽しみの一つが写真です!!
今年の春に買ったばかりの一眼レフで、初めて外国
ドイツの街を撮れる〜〜と胸は膨らむばかり!

ただ一つ難点なのが大きくて重くて嵩張ることです。

← チビの私がこんなデッカイカメラを首から下げて、
ノッポの相方が小さなコンパクトカメラを下げて →

なんとも可笑しなデコボコこコンビになるだろうなぁ^^;
 

今までは、名古屋空港から成田か関空で乗り換えて海外へ行っていましたが、 今回は中部国際空港(セントレア)から
ルフトハンザドイツ航空でフランクフルトへ直行便で行くことが出来ました。
今年の2月に完成したばかりのセントレア、実家の両親と一度空港内を見物しましたが^^; やっと本来の目的である
ここから飛行機に乗って出発することができます〜〜嬉しい!!

相方はルフトハンザに乗るのは今年3度目で「またか」という感じらしい^^;
私はセントレアもルフトハンザも初体験なのでワクワクしていました。

 





←セントレア



             →
ルフトハンザドイツ航空機





 


セントレアからフランクフルトまでおおよそ12時間の旅です。私たちは朝出発便でした。

長いフライト時間中は食べるか、本を読むか、映画を見るか、寝るしかすることがありません。
いつも思うことですが、食べてばかりいる感じなんですよね〜^^; 
12時間のフライト中に夕食、朝食、軽食、おやつと・・・お腹が空く前にどっさり出てきます〜
それらを「苦しいね〜もう食べたくないね〜」と言いながら全部食べてしまう自分が怖い(;¬_¬)
今回は少しでもお腹に優しくカロリーの少ない和食をチョイス〜ドイツへ行ったらソーセージ三昧になりそうなので^^;

そして一番の楽しみが映画です〜 今回一番面白かったのがまだ公開前の「Mr.&Mrs.Smith」 
ウワサのブラピとアンジェリーナ・ジョリーのアクションコメディーで「んなバカな!」って感じでしたがとにかく面白い!!
行きと帰りで2度も見ましたヾ(≧▽≦)″
  

 


  私は窓際の席だったので、ときどき外を眺めてはパチリ  でも12時間乗っている間中見える景色は青空に白い雲ばかり。。
夕焼け、朝焼け、星空などが見たかったです〜〜残念!!

食べて見て寝て起きて、そろそろ腰が痛くなってきたなぁと言う頃にやっと眼下に陸地が見えてきました。
フランクフルトに到着です♪

 


 
  次ページ ベルリン に続く
 
まえがき
ベルリン
ポツダム
ドレスデン
ライプツィヒ
あとがき