浪漫飛行 to Germany U

ポツダム
 


人口14万人のポツダムは近代的なベルリンとは対照的に、自然の景観と調和したドイツ的な古都の風情を漂わせる街です。私たちにとっては1945年の「ポツダム会議」の地としてあまりにも有名ですね。
ポツダム宣言=無条件降伏という辛い歴史を感じる地はどんなところなんだろうと興味津々でした。

ベルリンからは近くて、列車で30分の距離です。私たちはジャーマンレイルパスを事前に買っておきました。
朝チョットだけ早起きしてベルリンツォー駅に向かいました。私たちの泊まったホテルから徒歩7分で着きます。

ヨーロッパの駅はどの国も同じで、改札口がありません。 誰でも自由に入れます。動物も一緒の人もよく見かけます〜
日本ではチョット考えられない光景です。
切符は列車内で検札に来ます(1等の場合は必ず来ますが、2等だと来たり来なかったり)無賃乗車もできそう^^;

自転車も列車に乗れるのがビックリ! サイクリングしながら長距離旅行も出来ちゃいますね〜〜チョット羨ましいかも!

 


 

ポツダムの見所はサンスーシ宮殿とその庭園です。 駅から距離にして2キロくらいなので、レンタサイクルを借りて効率よく回る
予定をたてたのですが〜駅に着いてみると右も左も分からない^^; 地図では駅のすぐ前にあるように書いてありましたが・・
丁度目の前にタクシーが止まっていたので、タクシーに乗って行くことにしました。

地図では駅からサンスーシ宮殿までは近いと思いましたが、タクシーで行くとかなりの距離^^;
これを地図を見ながら、探して歩くのはしんどいことだったなぁってチョットホッとしました。


 




←タクシーから見たポツダムの街並み
  だだっ広い!! 車少ない!!
  だってこの広い街に人口 たったの14万だから^^;

 
 



フランス語で「憂いのない」という意味のサンスーシ宮殿は、生涯戦争に明け暮れたプロイセン国王フリードリヒ2世が、癒しを求めて夏の離宮として建てた宮殿だそうです。
広大な敷地に緑あふれる美しい庭園とのアンサンブルに、18世紀の王の贅沢な暮らしぶりが見てとれます。   

宮殿内見物はグループ単位のドイツ語ガイドのツアーのみ^^; 私達には日本語で書いたガイドブックを貸してくれました。
ボアー素材の大きなスリッパを靴の上から履くことを求められました。これが歩きにくいのなんのって^^;<なんか見物客に
床掃除をさせているようなヾ(≧▽≦)″

一つの部屋に入ると、いちいちガイドさんがドアを閉め、他の人たちが入れないようにしていました<ここは定員制?
おまけに途中で勝手に抜け出せない^^;
地味なポツダムの街にとってこの宮殿は大切な財産だから、大事に保存し未来永劫まで残しておこうということなのですね。

そしてそれだけ大切な宮殿内は、当然ながら撮影完全不可だったので、豪華絢爛な宮殿内は目で見ただけです(;¬_¬)




 


宮殿前の段々畑はワイン用の葡萄を栽培しています。


       
     ペアルックの老夫婦? なんかとってもいい感じ^^

 
 




花壇にはコスモスが風に揺れてました♪


       
          観光客がそれほど多くないのもいいなぁ^^

 













白鳥の湖? 白鳥の川?


       

あーー!!この人たちレンタサイクル借りたのかしら?
いいなぁ〜〜この時点ですでに疲れていたσ(^。^;)

 












歴史的風車



チャイニーズハウス 金メッキで豪華絢爛

 










 



とにかく広い敷地内 地図を片手にひたすら歩きます。 園内遊覧バスでもあるといいのになぁ〜などと言いながら
これ全部見るには一日じゃ無理かも〜などと愚痴りながら〜^^;

延々と歩いてやっと到着したのが新宮殿です。 サンスーシ宮殿だけでは物足らなかった大王が(なんて贅沢な^^;)20年後にまた建てた豪華絢爛な宮殿! 
ここも内部見学ツアーがありますが〜ドイツ語だし、撮影不可だし〜別料金だし〜疲れてるし〜ってことで外から見ただけ^^; 

 
 

ピンクの外観が美しい新宮殿

屋根の上に銅像が一杯 何の像なのかしら?
 


 
   
お人形のような可愛い子供たちが遊んでいました。 望遠レンズでこっそりと撮りました。 盗撮?^^;
 


 
 




次にたどり着いたのがオランジュリー宮殿です。温室があるということですが、外から見ただけでは分かりませんでした。
ここもガイドツアーのみなので、しかもドイツ語のみ、しかも入場料いるし^^; またまた外から写しただけ



 


 
 



広い庭園内をどれだけ歩いたことでしょう! 喉も渇いて、おなかも空いて「どこかで休みたいよぉ〜〜〜〜!!!」
やっと辿りついたカフェテラスで食べたのがソーセージとポテトです♪ ドイツへ来たからにはこれしかないでしょう! 
なんせおなかぺこぺこだったし〜アッと言う間になくなってしまいました。美味しかった〜〜〜!!! 
チョット足りなかったかも^^;

   


 
 




あちこちでストリートライブ? というより独奏会のようなものでしょうか?クラシックな衣装もステキです♪
柔らかいフルートの音色が広い庭園内に響き渡って、しばし時が止まったような安らぎを感じました。



 


 
 

どこまでも続く 広い庭園内は見所一杯なのですが〜池も教会もどこも癒される場所なのですが〜とにかく疲れすぎ!!
一度座り込んだらなかなか立てません(;¬_¬)



 
 

多分庭園内で10キロくらい歩いたと思います。 時間も過ぎて「そろそろ帰ろうか」ということになり〜〜  
行きはタクシーで来ましたが、帰りはタクシーは見当たらないし、バスもないし・・駅まで歩いて行くしか方法がありません (;_;)

足取りも重く、のろのろとひきずるようにして歩いていました^^;  
ほとんど人通りのない街ですが、歩いているといろいろ面白い車や建物を見ることができるのです♪
これがあるからヨーロッパはステキ^^  疲れ果てていても「いいね〜」と言いながらやっぱりパチリしていますヾ(≧▽≦)″

                                           
                                                


     飲料メーカーレッドブルの宣伝カー 
     後ろの建物となんともミスマッチ^^;

 
 




あまりにも疲れ果てて一休みしたくても、喫茶店も見つからないし日本ならどこにでもある自販機もないし(;¬_¬)
のど乾いたよ〜〜座りたいよぉ〜〜ジタバタ (((o(><;)(;><)o))) ジタバタ

そんなときに見つけのが映画博物館です↓ とにかくワラをもつかむつもりで中に入りました。入場料5ユーロ払って^^;
中でしばし休んでから、展示物を見ました♪ 私たち夫婦は二人とも大の映画好き!どんな映画が出てくるのか期待で
ワクワクしました。
でも展示してある映画はすべて古きよきドイツ映画ばかり 見たことも聞いた事もない映画ばかりでしたよ(o_ _)o




 


這うようにしてやっと辿りついたポツダム駅
足は痛いというより鉛のように重く^^;

とにかく喉が渇いてどうかなりそうだったので、
駅の構内にあるマクドナルドで。コーラを飲みました。
美味しかった〜〜!!
マックは世界中どこにでも必ずありますね^^

長い長い一日でした〜(〃´o`)=3 フゥ
あまりに疲れすぎで明日の仕事大丈夫かしら?
チョット心配になりました^^;
 
  次ページ ドレスデンに続く
 
まえがき
ベルリン
ポツダム
ドレスデン
ライプツィヒ
あとがき