浪漫飛行 to Germany U
旧東ドイツの街々

あとがき
 



2度目のドイツ 旧東ドイツの街を巡る旅から帰ってきて2ヶ月になります。

我が家では旅行のプランを練って手配するのは相方の仕事で、帰ってきてから写真の整理、印刷、それと旅行記を書くのが
私の仕事と、役割分担しています^^;
つまり、準備が相方、行くのは二人、後片付けが私って感じでしょうか?

私の役割の旅行記をなかなか書かないので、ときどき「まだ?」と催促してきますヾ(≧▽≦)″
今回も旅の写真だけは早々とGALLERYにアップしたので、それで満足してしまい、もう終わった気分になっていました。
でも、旅行記を書き上げないと、いつまでたっても今回の旅が完了しないことに気づき、やっと重い腰をあげて書き始めました。

昔から旅の計画を立てるのが大好きだった相方、出張の日程が決まると、すぐにドイツに関する本を(前回買ったのも含めて)
何冊も読み漁り、そこから行きたい場所をピックアップします。 ^^
次に ネットで入手した列車の時刻表とにらめっこしながら、細かいスケジュールを練っていきます。プランニングが出来たらホテル、
航空券の予約、レイルパスの購入など、仕事の合間に嬉々としてやっています^^;

相方が全部やってくれるのでとても楽チンな私^^; 
で〜旅行中に「あっちが良かった ここはつまらない」などと文句だけ言うのです(*o☆)\バキッ

 
 
 
 


今回は出張に便乗の旅だったので、時間や場所にかなり制約がありました。
でも二人とも 欲張りなのでせっかくドイツへ行くのだから、あっちもこっちも行きたい、見たい!! 少しの時間も無駄にしたくない!! 
だから分刻みのような感じで無理に詰め込んだ日程になってしまったような・・
スケジュール段階では十分可能な距離であっても、実際に行くと想像以上に遠かったり、体力的に無理があったりしました。

今まではいくら疲れても一日寝れば翌日はまた元気に歩けたのですが、今回は疲れがどんどん蓄積していって、最後の日は
チョット歩くだけでも足が悲鳴あげてました^^;

そろそろ年齢的にも、ハードスケジュールの旅が無理になってきているのかも?
次回はもう少しゆったりしたスケジュールで、旅を楽しみたいと思いました。

さて今回も長々と旅のあれこれを書いてきました。
こうして旅行記を書くために、また旅行本やパンフレットなどを読み返すので復習になります。
帰ってきてから2ヶ月もたってから旅行記書いて、初めて「ここはそういう歴史的背景があったのか〜知らなかった」などと^^;
遅いっちゅ〜のヾ(≧▽≦)″;

最後まで長い旅行記を読んでくださってありがとうございましたm(_ _)mふかぶか

尚、今回の旅の写真をGARELLYにUPしてあります。 よろしかったらご覧になってくださいませ(^-^)/

          写真集 → ベルリンの風


まえがき
ベルリン
ポツダム
ドレスデン
ライプツィヒ
あとがき