スウェーデン(10月9日〜13日)

       ストックホルム  






旅の最後になって、やっと本来の目的である出張先のストックホルムに着きました。 緩んだ気持ちを引き締めて、お仕事開始です!

このストックホルムは人口184万人と、スカンジナビア諸国最大で、治安の良さ、マナーの良さ、生活水準の高さを誇る近代都市です。
大小14の島からなる水の都で 「北欧のヴェニス」と讃えられる美しい街並みを誇っています。


朝のストックホルム  湖上に映る影が美しい♪

朝日が輝いていたらなぁ〜〜この日も曇り(;¬_¬)
 
 


朝の散歩でひときわ目立つ赤レンガの大きな建物を見つけました。 まるで宮殿か古城を思わせる美しいたたずまいの市庁舎です。
この荘厳な市庁舎は、一日3回決められた時間のガイドツアーで中を見せてもらえます。
私たちも仕事の合間を縫って参加してきました。

市庁舎のシンボルである塔にも登りたかったのですが、10月はシーズンオフでクローズドでした! 残念(>_<)
高いところからストックホルムを見渡して見たかったです〜〜〜〜!!!




1階の正面にある大広間はブルーホールと呼ばれていて、ノーベル賞授賞式後の公式晩餐会会場として使われています。
そういえばTVで見た記憶がありますね〜
ここで歴代の受賞者が、その栄誉を讃えられたのですね♪

 


次の部屋 市会議事堂はヴァイキングの家の屋根を
イメージした天井が有名です。

 

英語のグループに入りました。
いろんな国の人たちが参加しています。

見学のハイライトの黄金の間、ノーベル賞受賞パーティーの
舞踏会用広間として使われているそうです
 

金一色の間の奥に飾られている摩訶不思議な壁画
 


市庁舎の前庭は市民や観光客の憩いの場所です。
 


   メーラレン湖と街並みがとってもキレイ♪
 



ストックホルムのもう一つの名所は、旧市街のガムラスタンです。その入り口に位置するのが王宮!
オランダ・ルネッサンスの影響を受けて、18世紀半ばに建てられたそうで、総部屋数600の堂々たる建物です。

代々スウェーデン王室の居城として使われて来ましたが、現王室はお子さんたちにふさわしい環境へと、1982年に郊外の城へ
移られたそうです。
現在では王の執務室として使用されているとか!

                 
 
 


王宮も見学できるようですが、時間がかかりそうなのでパスして^^;
中世にタイムスリップしたような錯覚に陥りそうなガムラスタンの街並みをぶらぶら歩きしました。

私たちはこのガムラスタンが特に気に入って、何度も通いました^^
ホテルから歩いて10分とかからないところにあるので、気持ちの良い散歩道になったのです♪


広場に面したカラフルな建物
 

1階はカフェになってます。
 

野外学習の児童たち? ガムラスタンの写生中♪

 

カメラ目線でにっこり(*^^*)

 


広場の一角に位置するノーベル博物館


青い照明が印象的な博物館内



カフェで食べた、アイスクリーム
ノーベル授賞式で出るものだとか!  



チョット広い道


窓辺の花もステキ♪


かなり狭い路地


このお店が特にお気に入りでした




ショーウインドウを見てると、欲しくてたまらなくなって・・ 
 


店の中に入ると、とても愛想の良いオーナーのおばさまが満面の笑みで「どれがいいですか?」って応対してくれました。
こちらの店員さんは無愛想な人ばかりだったので、笑顔を見るだけで嬉しくなります!  

ショーウィンドーに飾ってあった、青い鳥を抱いているお人形を選んで「壊れないように包んでくださいね」と言ったら
「日本の方ですよね?日本のお店は素晴らしくキレイにラッピングすると聞いているからプレッシャーだ」と言いながら、手早くとても
可愛らしくギフトラッピングしてくれました^^

でもこれ私用なのでギフトじゃないんだけどね〜f^_^;ポリポリ



幸せの青い鳥が止まっています〜一目ぼれ(=´∇`=)




ラッピングも青です。ハートまでついて嬉しいo(*^▽^*)o~♪
 



ガムラスタンを出て、メーラレン湖沿いの道をそぞろ歩きしました。
どこを歩いても美しい街です!思わずため息が出てきましたよ〜
もっと長くここにいたい!! もっとあちこち一杯見たい!!!時間が足りない〜〜〜〜〜(;_;)



クラシックな帆船が止まってました。




黄昏時の街並み  夕焼けに染まったところが見たかったけど
結局1度も見ることができませんでした(;_;)
 



コペンハーゲンで出会ったZさんご夫妻と、ストックホルムでも落ち合って、一緒にディナーを食べに行きました。
スウェーデン料理を食べさせてくれるカジュアルなお店が気楽でいいね〜ということになり、ガムラスタンを一緒に歩いて探しました。
旅行書にも載っていた「カフェイレット」というお店に決定 ! 

この「カフェイレット」レストランは地下一階にあります。階段を下りるとそこは不思議な空間になってました。
14世紀のワイン貯蔵庫をそのまま利用して部屋に改装したもので、 テーブルにはろうそくが灯り、中世のロマンが漂ってきます^^






私が頼んだ魚介類のスープ ブイヤベースみたい?



チャレンジ精神旺盛なZさんが頼んだニシンの酢漬け?


これも私が頼んだスウェーデン名物のミートボール
日本で食べるものと同じ感覚の味でした。美味しかったです。




相方が頼んだ魚料理 やはり北欧は魚料理がメインです!


食後に4人でガムラスタンをそぞろ歩き!
メーラレン湖に映るイルミネーションのキレイなこと(=´∇`=) 。

この夜でZさんご夫妻とはお別れです。この後お二人はドイツへ渡り、ミュンヘンで別のお仕事が待っているとか・・
私たちは北欧最後の夜になり、翌日は日本へ帰ります。

美しい夜景を見ながら、4人とも言葉少なくなって、しばし名残を惜しんでいました。





  次ページ あとがきに続く