2日目(10月11日
) ローマ→カゼルタ→ポンペイ→ナポリ



夜中にふと目が覚めると、かなり大きな水の音がしています。
「今頃シャワーを浴びてる人がいる?
」 でもいつまでたっても止まりません? ん?シャワーじゃない? ってことは?
音は窓の外から聞こえてきています。どうやら雨が降ってる様子
しかもかなりの大きな音!
窓の外を見ようと起き上がってみたら、なんと窓が開いてる煤i゜o゜ 
鍵が壊れていて窓がしっかり閉まらないのです。なんてことでしょう!!

このホテル 前夜にシャワーを浴びようとしたらお湯がチョロチョロとしか
出なくてほとんど体も洗わずに諦めたんですよ〜
その上窓まで壊れているなんてひどすぎ(×_×;)

外観はモダンで近代的なホテルに見えるんですけどね・・・

朝になって目覚まし時計の音で目が覚めて、窓の外を見るとどんよりとしたお天気で、今の私の気分をそのまま表している感じでした


さぁ〜今日から旅が始ります。ホテルが多少不満でも旅さえ楽しければヨシ 気を取り直してバスに乗り込みました。
ツアコンさんはとても明るくて感じの良い30代?の女性です。
「この時期の南イタリアはお天気があまりよくないようですが、でもその分湿気は十分でお肌にいいんですよ。女性にとっては嬉しいことですよね」とのこと! 
いやぁ〜この際お肌はどうでもいいし^^;

また前夜シャワーが出にくかったことを告げると 「イタリア人は日本人のように毎日お風呂に入るという習慣がないので、ホテルもタンクの水の容量が少ないところが多いです。日本人の団体客が一斉にシャワーを使うとタンクの水がすぐになくなるので、時間をずらして入浴するのがベスト」とのこと!

私たちの部屋は窓が壊れていましたが、他の方の部屋で「トイレが流れなかった」ところもあるそうで、それよりはマシかなぁ?^^;
これもまたツアコンさんによると「イタリア人はそういうことにも鷹揚で、細かいところを気にしないので壊れっぱなしにしているホテルも多い」とか
いやぁ〜鷹揚の解釈間違ってるし?(--メ)

3時間ほどバスに乗って、カゼルタの宮殿に到着した頃にはまた雨が降ってきました。
でも見物は宮殿の中なので大丈夫!ということにしました^^;

「THE世界遺産 」というTV番組で「カゼルタの宮殿」を放映していたので、旅に出る前に見てきました。
この宮殿は、18世紀のナポリ王がフランスのヴェルサイユ宮殿を参考にして「ヴェルサイユを超えよ」と命令して建てさせたお城だそうで、宮殿だけでなく広大な庭園も見ごたえがあるとか

でも今回のツアーでは時間も短くて庭園までは見せてもらえそうにないです。
それがチョット残念・・・

一歩中に入ると豪華絢爛な部屋が目の前に広がってきます。

さすがはヴェルサイユ宮殿を模しただけのことはありますね。

がしかし「ヴェルサイユを超えたか?」という点については?

ヴェルサイユは超えてないです!
キッパリ^^;

 

 

 



1時間ほどカゼルタの宮殿内を見物して、バスは次の訪問地であるポンペイの遺跡を目指します。
イタリアの規則ではこういう観光地でのガイドは現地人に依頼しないといけないそうで、カゼルタでもポンペイでもイタリア人のガイドさんが説明をして、それを日本人のツアコンさんが訳すというしくみでした。

ポンペイの遺跡に到着する頃には雨もあがって薄日も射してきました。
ツアー仲間さんと「晴れると思ってたよ〜だって私は晴れ女!」と口々に言い合っていたら
ツアコンさんに「晴れ女さん 最後の日までしっかり面倒見てくださいね」といわれてしまった♪(≧m≦)ぷぷ
ホント最後の日まで晴れて欲しいです。みんなで一致団結して晴れ女パワー炸裂しなくては!!

この遺跡の近くにあるレストランで昼食です。
生バンドの演奏付きのサービスで、イタリアといったらやはりこれ ボンゴレパスタでした。 味は〜?フツウに美味しかったです^^;



広大なポンペイの遺跡には世界中からの観光客であふれかえっていました。
ここで迷子になったら大変とばかりに、必死にツアコンさんの後を追って歩きます。ホントはゆっくり撮影しながら歩きたかったけど・・・

後ろに見えるのがヴェスヴィオ火山
1900年前にこの火山の大噴火により一瞬にして死の灰に埋まってしまった街です。

先に行ったカゼルタの宮殿の王であるカルロス7世が、この死の町の発掘を命じたそうで、その頃からずっと現代まで発掘作業が続いているそうです。



     ↓灰に埋まった瞬間に絶命した人 恐ろしい姿です




青い山脈に白い雲が雄大な感じでステキでした。
眼下にはナポリの町が広がっています。
駆け足でポンペイの遺跡を観光した後はカメオ屋さんに連れて行かれ、ここで1時間もお土産タイム
別にカメオ細工には興味がなかったので外のベンチで待ってました。 土産物屋さんとのタイアップ こういうのがツアーの常道なのですね!

でもツアーの一番良いところは、2時間おきくらいに必ずトイレタイムを取ってくれるところです? いつも個人旅行で苦労するところなので。

そしてここ南イタリアで一番ビックリしたのが公衆トイレに便座がないこと!!!
最初は不良品だと思い別のトイレに入ったりしましたが、どこも同じで
「え〜〜〜どうやって使ったらいいの?」

ツアコンさんの説明では「イタリア人はキレイ好きで誰が座るか分からない便座には座りたがらない」からだとか、それと「便座は本体とは別料金になっているのでケチっているのかも」と?
でもキレイ好きな割りにはイタリア人お風呂に毎日入らないのよね^^;

そのうち慣れてきましたがお国違えばトイレも違う
面白い体験しました〜ホント((((((^_^;)




その後ナポリのホテルに到着。

ディナーはここもやはりパスタ(トマト味)にシーフードのソテーでした。いつも海外で食事すると量が多すぎて困るのですが、ツアーですと日本人にあわせているのかほどほどの量でこれはありがたいですね。で〜味は? エーっと フツウです^^;
日本で食べるイタリア料理って美味し過ぎるのかも? だから本場で食べても感動しません。


この日のホテルはアメリカ資本のホリディインでした。部屋も広くてベッドも大きくて快適です。
何よりありがたかったのがお湯がたっぷり出ること(=´∇`=)
窓もしっかり閉まるし♪(≧m≦)ぷぷ ゆったり休むことができました。
  次ページ 3日目 ナポリ カプリ島 に続く