4日目(10月13日
) アマルフィー→マテーラ→アルベロベッロ


4日目の朝です。晴れ女が何人もいるのに雨が降ってます<ご利益ないなぁ〜^^;

朝食もそこそこに「豪華絢爛だけどお湯の出ない」ホテルを出発してアマルフィーの街へ出発です。

さてこのアマルフィー見物ですが、今回の旅のメインイベントのはずなのに滞在時間はたったの1時間とのこと(;¬_¬)
1時間でどこまで回れるんだろう 映画で見たあの同じ場所へどれだけいけるんだろう?
小雨降る中で小走りで歩き回りました。

アマルフィーは断崖に広がる街です。階段を上がって細い路地を歩き回ってみたいと思っていました(映画でもそのシーンがありました)が、
実際に私たちが見れたのはドゥオーモ広場のあたりだけ、圧倒的に時間が足りません!!
せめて半日は欲しかった(;¬_¬) こういうところがツアーの悲しさですね(涙)

アマルフィー最後の10分は海岸で過ごしました。
雨もようやく上がって気持ち良い日になってきました。

映画のラストシーンで、織田裕二と天美祐希が座って話した同じ場所です。
実際に立ってみると「映画って上手に撮るんだなぁ」って思いました!
不要なものは隠して、キレイなところだけを撮っていたのですね^^;

ガッカリしたり感動したりまたガッカリしたり(笑)
短時間で色々味わいましたがずっと憧れていた海岸を見られて満足〜
ということにしておきましょう^^;

アマルフィーの街を後にして、バスはしばらくアマルフィー海岸沿いの道を走ります。ここが本当に素晴らしかった!

街での散策は1時間足らずで不満たらたらでしたが、この海岸沿いのドライブは最高で写真を撮るのも忘れて見とれておりました^^   

その後中型バスから大型バスに乗り換えて(別に中型バスのままでもいいのにね〜って思いましたが^^;)
次の観光地であるマテーラ目指してひた走ります。     
マテーラに丁度お昼どきに到着して、まずはレストランでランチです。
このレストランがいわゆる「洞窟屋敷」の中にあるので雰囲気も洞窟そのままでなかなか面白かったですね〜

メニューはスープパスタにチキンの煮込み料理で、どちらも美味しかったです。今回の旅でここのレストランでの食事が一番美味しかったような気がしましたp(^0^)q




食事が終わって高台からマテーラの洞窟住宅(サッシ)を見た瞬間の驚きは言葉では表せません煤i゜o゜ 
一面に広がるセピア色の風景は、どこか白昼夢を見ているような不思議な感覚で、その昔ここに住んでいた貧しい人々の怨念のようなものを感じるのです。

かつて「サッシ」は南イタリアの貧困の象徴とされ、「国の恥」とまで呼ばれる存在だったとか。そして、1960年代には全住民に対して、新市街への移住が命じられたのです。 しかし、その後に観光地としての価値が見出されて、1993年の世界遺産指定と前後して一部の家に住民が戻り、いまでは立派なレストランやホテルもできて、再現された洞窟住居は、外すことのできない観光ルートの一つになっているのです。




NHKの「ダーウィンが来た」という番組で、ここマテーラに春になると飛んでくる隼の一種で「ヒメチョウゲンボウ」という鳥を取り上げていました。
絶滅危惧種に認定されている貴重な鳥だそうですが、その鳥がなぜここマテーラに飛来してくるのか?
マテーラの町は、その姿を出来る限り変えないように保護されているので、壁や屋根にある穴がそのままになっています。
そこが営巣に適しているのと、隣接した崖が自然環境としても最適でこの愛らしい鳥の絶好の住みかになっているとか!
そして今では町中の人たちがこの鳥を保護しているのだそうです。

可愛い顔したヒメチョウゲンボウ
大きさはハトくらいだそうで、隼といってもかなり小さな鳥です。

渡り鳥なので春の繁殖期だけマテーラに住んで、またどこかへ飛んでいってしまいます。
10月では一羽も見られなくてチョット残念でした。 ここへは春に来るべきだったかも!



切り立った崖の上に建つ美しい教会が見えました。車も止まっていて生活観を感じます。



生活観はあるけど人がいない・・・ しばらく歩いていてやっと見つけました。とっても寂しげな謎の女性を・・・



マテーラを後にしてバスはこの日の宿泊地であるアルベロベッロへ向かいます。
標高415mの丘の上にあるアルベロベッロはイタリア語で「すばらしい木」という意味だそうで、緑の木々が茂る町にトゥルッリという真っ白な壁に円錐形の屋根を持つ建物がビッシリと詰まっています。

夕方このアルベロベッロに到着して、すぐに町中を散策しました。
黄昏時のトゥルッリはとても美しくて優しい雰囲気が漂っていました。


散歩の後はお楽しみのディナータイムです。
この日はホウレンソウとマカロニの炒め物にビーフのワイン煮、デザートにケーキでした。 味は〜フツウ?以上に美味しかったです^^



この日のホテルはお湯も出るし窓もきちんと閉まるし^^; ゆっくり休むことができました。

  次ページ 5日目 アルベロベッロ バーリ ローマ に続く