6 日目(10月15日
) バチカン市国→ローマ市内

 


6 日目の朝になりました。日本晴れです(ローマ晴れ?)観光できるのも今日が最後!1週間の旅ってアッと言う間ですね〜

バスに乗ってバチカン市国へ向かいます。朝のラッシュ時は過ぎていてもこの混みよう! 
街角で花嫁さん見つけました。 わぉ〜降りてじっくり見たい!!写真撮りたい!!と思う間もなくバスは通り過ぎて行きました(;¬_¬)



バチカン宮殿の塀の前には長蛇の列! 塀の周りをグルリと人が取り囲んでいます〜!!
ツアー客は別の列があるそうで、チョット安心しましたが、ツアー用の列もハンパなくて(;¬_¬) 
混むのが何より嫌いな相方「俺たちだけ別のところへ行くというのはアリかな?」 「ナシです!!」^^;

30分ほど並んでようやく美術館に入場できました。ツアーだからこのくらいの時間で入れたのかも?個人だったら1時間はかかりそう!!


当然中もかなり混んでます。でもこれだけ混むのも納得くしました!! 凄すぎる!!!豪華絢爛で迫力ある美術館内部にだ「スゴイスゴイ」を連発していました。ツアーでご一緒した人たちは「バチカンは二度目」という方も多くて「ここなら何度でも来たい」と言っておられました。




博物館内部は撮影可ですが、宮殿の一番奥にあるシスティーナ礼拝堂は撮影禁止でした。残念!!
このシスティーナ礼拝堂には絵画史上の大傑作と言われているミケランジェロの「最後の審判」と、天地創造の壁画があります。中に入ると人の波でおぼれそう^^; 世紀の名画をしっかり見上げていると首が痛くなりました。

礼拝堂を出てサンピエトロ大聖堂に入りました。ここもホント素晴らしいです!! 今まであちこちの国で大聖堂を見てきましたがここまで規模が大きくて豪華な大聖堂は初めてでした。天窓から外の光が入り込んでいて、神々しさが一杯! 「天使の梯子」ってこのことを言うのかも?
「30分並んだ甲斐があったね」と相方<誰ですかねぇ〜よそへ行きたがった人は^^;」



大聖堂を出るとそこも中性の世界! 青空の下気持ちの良い空間が広がっています。噴水の周りにも多くの人がくつろいでいるようでした。



バチカン市国の警備の兵隊さんの制服がカッコイイ〜♪ しかもイケメンさんばかり^^



バチカン市国を出てから、ローマの街をそぞろ歩きしました。街角のオープンカフェはランチタイムでにぎわっています。
私もオープンカフェ大好きなので「ここで食べたいなぁ」って!! でもツアーですからね〜^^; 指をくわえて通り過ぎました。


そして私たちもランチタイム! イタリアへ来て初めてのピザが出てきました。待ってました!!
ピッツァ・カプリチョーザ です。
本場のピザをやっと食べられるということでテンション上がりましたね〜ピザ職人さんも愛想いいしヾ(≧▽≦)″
味は〜やっぱりフツウに美味しかったです^^; 日本で食べるピザもレベル高いですからね〜本場を越えてるかもです!
お腹がふくれたところで、映画「ローマの休日」でも出てきた「真実の口」見物です。ここも並んでました<ローマはどこも人で埋まってます。



その後しばらく街中を歩いて到着したのが「パンテオン」です。かのミケランジェロが「天使の設計」と称賛したという万神殿ですが〜
残念ながら修復中(;¬_¬) 古い建造物は常に修復を繰り返さないといけませんよね!
パンテオン前広場も大勢の人でにぎわっています。



パンテオン内部の丸天井には天窓が開いていてここから差し込む光が優しく照らしています。雨の日は内部は水浸しになっちゃうでしょうね?
現在に残る完全なローマ建築だそうで、古代から現代までの長い歴史を物語っているようでした。


次はナヴォーナ広場へ行きました。車が入れないこの広場は落ち着いた空間を作り上げていて、2つの噴水の周りに鳩が飛び交い人々がくつろいでいます。絵画市もやっていました。



大道芸人さんもいて楽しい空間でした。一見人形のように見えて、小銭を入れると動き出します。
ツタンカーメンさんはお辞儀しただけ!チョット芸が足りないよ! 雪の女王さんはサービス精神満載で色んなしぐさで楽しませてくれました。小銭もっと入れれば良かったと思いましたよ^^
そして広場に流れるギターの調べもロマンチックでなかなかステキでした。


その後バスでローマ三越へ行きました。ここでお買い物タイムです。ツアーでは必ずこういう時間がありますね〜^^;
三越と言っても日本のデパートとは違って、ビルの一角にある「土産物店」という感じです。中は日本人のツアー客さんで大賑わい!!
ここで私たちもチョコレートとか家族へのお土産などを買いました。

三越前には真っ赤なフェラーリが止まっていました。本場でもさすがにこの車は ひときわ目を引く華やかさです。


 

ローマ観光も終わり近づいてきました。
映画「ローマの休日」で見た名所を全部見たかったのですが、バチカン市国に半日かかって、残りの半日だけでは時間が少なすぎますねぇ。

コロシアムもスペイン広場もサンタンジェロ城も、今回の旅では行くことができなくてとても心残りです。
ということはもう1度来なさいということなのでしょうか^^;

車窓からコロシアムを一瞬見ることができただけでも良かったと思うことにします。


そしてこの夜が最後の晩餐です。 ペンネアラビアータにハムステーキにアイスクリームでした。これらもフツウに〜毎回同じ感想ですね^^;

この食事中にサプライズが待っていたのです。ツアコンさんからハッピーバースデーのお祝いをして頂きましたo(*^▽^*)o~♪
10月15日は私の誕生日ですが、誰にもそのことを言わなかったのでまさかツアコンさんからプレゼントを頂けるなんて思ってもみませんでした。ちなみに頂いたプレゼントはイタリアの写真が一杯のカレンダーです。
決め細やかな心遣いをいただいて大感激!! ここの旅行社はまた利用しなくちゃという気持ちがフツフツと沸いてきました。単純?σ(^。^;)
 
7 日目〜8日目(10月16日〜17日) ローマ→ヘルシンキ→名古屋
 


旅の最終日は朝から空港へ行って帰国の便に乗るだけになりました。8日間の旅と言っても実質的には6泊7日で観光できたのは5日だけです。
チョット物足りなかったです。10日間くらいは欲しいところでしたね〜

海外旅行は毎年していますが、ツアーでの旅行はほとんど経験がありません。 相方が団体旅行が苦手な人なので今まで避けてきましたが、今回の旅でツアーも一杯良い点があることが分かりました。
まずはお仲間さんとの交流でしょうか・・今回の旅では中高年の方がほとんどで、最高齢が80歳の方お二人、70代の4人グループさんなど、元気一杯でハツラツとした方ばかりで、お話がとても楽しかったです。旅慣れた方ばかりで、私たちがまだ行ったことのない国の話も聞けてとても参考になりました。
ツアコン さんの至れりつくせりぶりにも感激でしたよ。朝ホテルの部屋の前にトランクを出しておけば、ポーターさんが持っていってくれるのも楽でした。

一週間しかない日程でカゼルタ、ポンペイ、ナポリ、ソレント、アマルフィー、マテーラ、アルベロベッロ、ローマという広範囲に観光できたのもツアーならではでしたね〜ただ どこも滞在時間が短くて物足りない印象を受けたのが残念なことですが・・・

これからもツアーを上手に利用すれば旅の範囲が広がっていくと思いました。それが分かったのも今回の旅の収穫だったと思います。

この南イタリアの旅の写真をGALLERYにアップしていますのでそちらも併せて見ていただけたら嬉しいです。
長い旅行記を最後まで読んでいただきましてありがとうございました。