若狭街道の旅



2007年4月15〜16日

毎年恒例になっている実家の両親とのドライブ旅行・・今回で6回目になります。

今までは両親と私の3人だけでしたが、父の「婿殿もいてくれるといいなぁ」のリクエストに応えて、婿殿
もヾ(≧▽≦)″
一緒に行くことになりました。
おかげでロングドライブを父一人で運転しなくて済むようになりました(今まで大変だったね〜^^;)

一泊二日の旅なので、あまり遠すぎることなく近すぎることもなく?ということで今回は若狭方面と鯖街道、琵琶湖、比叡山
長浜というコースで行くことにしました。

桜がそろそろ散り始めた4月15日〜16日 快晴で新緑がまぶしい行楽日和の日に出発です♪

名古屋を朝7時前に出発し、名神高速道路の養老SAで朝食です。
これが楽チンでいいのよね〜主婦にとっては^^

急がずあわてずゆったりと〜をモットーの両親との旅
若狭湾の三方五湖に到着したのが11時前

まずは久々子湖畔からジェットクルーズに乗って
三方五湖巡りです。

遊覧船というイメージとはチョット違って「今風?」
カラフルなボディーにガラス張りのナイスな船に乗って
久々子湖、水月 湖、三方湖、菅湖の4湖を巡ります。

40分ほどで1周ぐるりと回って来ました。



鴨も気持ち良さそう(*^^*)





あれっ あの遊覧船はどこから出ているのかな?
あっちの方が私好みかもぉ〜〜^^;

 

その後三方五湖レインボーラインを通って山頂展望台へ!
展望台の駐車場に車を止めてリフトで 山頂公園へ登ります。



手前が日向湖、向こう側が久々子湖






手前が水月湖、左側が菅湖、右側が三方湖



地元出身の歌手五木ひろしが寄付したという「五木の園」
ボタンを押すと「ふるさと」という彼の歌が流れてくる^^;



ここは恋人の聖地だそうで(〃 ̄▽ ̄〃)ぽっ。




めだか村 小さなめだかを眺めながら自然保護の精神を養う?






友好の鐘 世界平和と幸福をもたらす鐘だそうです♪




かわらけ投げ 100円で買ったかわらけに願いを書いて空高く投げる
と願いが叶うそうで〜私もやってみました^^;







誓いの鍵




反対側は日本海 あまりにも青く美しい海にうっとりと
見とれていました。

どこをどう切り撮ったらこの美しさを表現できるのか・・

ただただあちこち歩き回ってうろうろするばかりでした^^;



エメラルド色?サファイヤ色? どこまでも深く澄んだ海でした。






名残の桜が数輪 青空に映えてとってもキレイ!

三方五湖レインボーラインを後にして、鯖街道を目指してまっしぐら!
なぜ鯖街道? それは〜昔、若狭の海で水揚げされた鯖を主流とする多くの魚介類が、近江や京の都へ運ばれたときの道だから^^
こ の中継点となったのが「鯖街道熊川宿」で1度是非行ってみたいと切望していた街です♪



静かな山間の宿場町 熊川宿






当時の繁栄を物語る古い家並みが今も残っています。




酒屋さんかな?






素朴な手作り工芸品のお店



みたらしだんごのお店 もちろん1本ずつ買って食べ歩き^^;





熊川宿名物 葛きり葛まんじゅうのお店




ここは 葛そばとか葛うどんもありました〜でも3時過ぎだったので^^;






つるりとして喉越し最高な葛もち! 名物に旨いものありp(^0^)q

 
河内川と中条橋 
平成11年にそれまでのコンクリートの橋を、街並み保存のため
風情あるヒノキの橋につけかえられたそうです。

山間のひなびた街並みとピッタリマッチしています。
 
熊川宿の歴史的景観を一層引き立てているのが
水量が豊富で流れの速い「前川」だとか・・

家ごとに「かわと」と呼ばれる水利施設があるそうです

この熊川宿でまったりのんびりくつろいでいたら
あっと言う間に 夕方になってしまいました^^;


 
 


この日の宿は琵琶湖畔にある近江舞子の
「琵琶レイクオーツカ」です。

夕食前に琵琶湖畔の散策をしてこの日のスケジュール終了

翌日は比叡山延暦寺に行く予定です。


                     次ページに続く
     
  home back next