若狭街道の旅2日目  

 



翌朝目覚めると外は雨 はぁ〜昨日は快晴だったのにな〜とチョットガッカリ(;¬_¬)
でもチェックアウトをして「さぁ〜出発」という頃になったら雨も止んで薄曇の天気になったのでホッとしました♪

この日はまず比叡山ドライブウェーを通って延暦寺まで!
と言っても
比叡山には延暦寺という名の建物はなく、比叡山そのものが延暦寺を表わしているそうです。
その寺域は広大で、標高848mの比叡山の山中に数百の建物があり、東塔・西塔・横川(よかわ)の三地域に分かれています。


西塔です。 ひっそりとしていてほとんど私たちだけの貸切状態^^;





可愛い社と濃いピンクの梅がとってもキレイ!

 

東塔です。

ここへ来ると大勢の観光客で賑わっていました。
比叡山の中心はここ 東塔にある根本中堂 国宝です! 
中は撮影禁止だったのでチョット残念!!

延暦寺というとすぐに思い浮かべるのが「信長の焼き討ち」
全山消失してしまったとか・・
こんなに高い山を武具をつけて登るだけでも大変だろうなぁ
なんて思っていまいましたね〜
車で走ってもかなりの距離だったので^^;





根本中堂





鐘を突くと願いが叶う? のかな^^








今の建物は 徳川家光が復興したものだそうです。

巨木の森に包まれた、回廊および堂舎の
雄大さ壮厳さは、見る者を圧倒します。
 

横川です。 ここも深い森の中でひっそりとしたたたずまいです。


あちこちに点在していた可愛いお地蔵様



比叡山に咲いていたスミレだからエイザンスミレかな? 





これは何の花かしら? 


比叡山延暦寺をあとにして、琵琶湖大橋を通り一路長浜まで・・・
時間も遅くなってしまったので長浜の街散策はやめにして、長浜城のみを見物することにしました。

長浜城というと去年のNHKの大河ドラマ「功名が辻」を思い出します。山之内一豊が城主だったのはほんの一時
豊臣秀吉が建てて、その後柴田勝豊→山内一豊→内藤信成→内藤信正と城主が代わり、豊臣氏の滅亡とともに長浜城も
取り壊されたとか・・


現在の長浜城は昭和58年に市民の寄付で建設されて歴史博物館として開館したそうです。


散り際の桜が長浜城の額縁になっていてキレイ!







天守閣から見る琵琶湖





一面ピンクの桜の絨毯敷き詰めたよう♪


閉館時間ぎりぎりまで粘って長浜城をあとにしました。
その後名神高速道路をひた走りで家についたのが夜8時過ぎ・・・

初日は快晴、二日目は曇り空・・雨も降らず予定通りのコースできて、両親が「楽しかった〜」って言ってくれたので
ホットしました(*^^*)
これからもずっと元気でいて欲しい いつまでも揃って旅行できますように!




     
  home back