パリの休日

2日目

 
私たちのパリ初日です。お天気も良く気分も上々!^

まずは ホテルのレストランで朝食をとりました。
ビュッフェスタイルで種類も豊富、味もなかなか^^
でもでもお値段があまりにも高い!!

27ユーロもします<146円で換算すると3900円 Σ( ̄△ ̄;)
これって日本のホテルより高くない?(;¬_¬)

というわけで、ここでの朝食は初日のみとなりました^^;
 
 


ヴェルサイユはパリから20キロも離れているので、
これから毎日パリまで、SNCF(国鉄)とM1(地下鉄)を
乗り継いで 出かけることになるのです。

準備万端整えて、さて出発です!

ホテルの前は大きな並木道になっていて、朝日をあびながら
意気揚々と出かけました。



ヴェルサイユ・リブ・ドロワット駅


前売り券に日付を刻印する機械


国鉄の列車内
 
駅につくとすでに列車が止まっていたのであわてて飛び乗りました。
乗ってしまってからこの列車でよかったどうか不安になって、4人で路線図見ながら焦っていました^^;

私たちがあまりに不安そうにしていたのを見かねたのか、すぐ側に座っていた年配のご婦人が
「デファンスには間違いなく着くよ!」と言ってくれました。<言葉は分からなかったですが^^;
なんとなく 身振り手振りで理解できました^^ 親切なおばさま ありがとうございますm(_ _"m)ペコリ


 

そして何とか、無事に目的地である
パリ市庁舎前に着きました。

朝日に輝くパリ市庁舎の美しいこと!!

1357年に今の地区に移転されたものが、
パリ・コミューンの時代に焼失、
その後1882年に復元されたものだそうです。

ここでゆっくりしていたいところですが、まだまだ
どっさり行くところがあるのですぐに移動開始!

橋を渡って、まずはシテ島にあるノートルダム
寺院に向かいました。

 



          ノートルダム寺院

   
   
      ステンドグラスが美しいバラ窓


     

     
       ノートルダム寺院内部

 

パリのノートルダム寺院は1160年代に建築開始してから、約180年もかけて完成された超大作だそうです。
1804年にはナポレオンの戴冠式もここで行われたとか!!

ゴシック建築の粋を極めた壮麗さ、バラ窓で有名なステンドグラスの華やかさ、
この寺院を見るために世界中から観光客が押し寄せてきています。

一通り見てから、次はサントシャペル教会とコンシェルジュリへ向かいました。

 


 サントシャペル教会


教会内部
 
 
 

サントシャペル教会はルイ9世の命を受けて高名な建築家、ピエール・ド・モントルイユが建てた
ゴシックの宝石と呼ばれる教会です。
教会は上下2つの礼拝堂に分かれていて、見所は2階のフランス王家用の礼拝堂なのですが〜

私たちは1階だけ見て、2階を見逃してしまいました( ̄- ̄;) そっちがメインだったのにね。。。
2階に上がれば端から端まで並んだパリ最古のステンドグラスを拝めたはずなのに。。。(涙)


 
   

↓ ラ・コンシェルジュリ
  サントシャペル教会から歩いて数分のところに、
コンシェルジュリはありました。

お城のような美しい外観とはうらはらに、ここは
「ギロチンへの入り口」と謳われた大革命時の
牢獄なのです。
革命時には4000人を超える囚人が収容され、
その約7割が断頭台へ送られたそうです。

ロベスピエールやマリー・アントワネットも囚人として
生涯を閉じるまでの間ここに収容されていました。
 


↓マリー・アントワネットの独房です。蝋人形のアントワネットの後姿は、あまりにも悲しげではかなげで胸をうちました。
 バラを持った全盛期の姿と、牢獄ですっかり白髪になってしまった姿とではまるで別人のよう!!
 彼女の数奇な運命を物語っていました。
 
 


この日は午後からジヴェルニー半日観光を予約してあったので、カフェで簡単なランチを食べてから、
ツアーバス発着の場所へ向かいました。

ジヴェルニーは パリからセーヌ川沿いに下流に向かい約80キロ、クロード・モネがその後半生を過ごした
緑濃い静かな村です。

 
モネといえば睡蓮

ここの睡蓮池も
白、ピンク、赤の
睡蓮が満開でした
モネの家
 
モネの家から見た庭園の様子です。

四季折々の美しい花々が咲き乱れ、
モネが愛した美しい庭園風景が広がっていました。
 
庭園内では大勢の
観光客がそれぞれ
自由気ままに
楽しんでいました。
 
ジヴェルニーでゆったりとした時間を過ごしてパリに戻るともう夕ご飯どきになっていました。
テキトーにそこらへんのカフェで軽めの夕ご飯を食べてから、また朝来た道を戻り、
地下鉄M1から国鉄SNFCに乗り換えて、ヴェルサイユのホテルに戻りました。

最初からよく歩きよく見て大満足の一日でした。
でも疲れた〜〜〜〜〜v(^o^")v

                                                   3日目へ
 
home
back
next