ALEXANDRIA VIRGINIA

私達の住んだ所はワシントンD.Cから車で10分の距離にある

バージニア州 アレクサンドリア市でした。

ここはケネディ大統領のお墓で有名なアーリントン墓地にも近い

緑豊かな閑静な住宅地で、 当時は治安も良いとかで、日本からの

駐在員が多く住んでいました。

私達の住んでいたアパートの名前はHAMLET( なんとあの有名な

シェークスピアのハムレットと同じ名前!なんか意味あるんかな)

は 広大
な敷地内に HAMLET HILL, HAMLET NORTH, HAMLET

SOUTH、HAMLET 
WEST, HAMLET EAST 等々・・とにかくその

地域一帯が全部 HAMLET なんですよ。 


れんが造り2階建ての建物が、ゆったりと隣との間隔を保って、

建っていて、敷地内には森もあり、公園あり、コミュニケーション

センター、プール、テニス コートもありといたれりつくせり・・・

でも決して高級マンションではなく、ごくごく一般的なアパートなんで

すね。

私達の部屋は1ベッドルームアンドデンというタイプで、 20畳くらいの

リビングルームに10畳位のベッドルームと 5畳くらいのデンという部屋

(これどういう意味なのかなあと辞書で引いたら1.檻、2.洞穴、3.仕事

部屋でした。3番目が妥当?でも檻だったりして)・・・

キッチンには特大の冷蔵庫、ディスポーザー、 皿洗い機、4個の電気

テーブルにガスオーブンとすべて標準装備、
部屋は冷暖房完備で洗濯

機、 乾燥機までついている・・・

私達が日本で住んでいた2DKの社宅とは天と地の違いに
ただただ

唖然としていましたね。アメリカの豊かさを肌で感じた一瞬でした。


近くには GIANTというスーパーもあり(なんでDORAGONSじゃ

ないんだとチョット思いましたけどね) これが名前の通りでほんに

巨大なスーパーで、大きな手押しのカートで店内を回っていると、

なんと
灯油タンクにオレンジジュースが入ってると思っちゃ

ったんですよね。あまりに大きなポリ容器に入ってるんで・・・

いったいこんなに大量のジュース誰が飲むんかしらんと不思議でし

たねえ。

私達用には2リットル入りのびん入りジュースを買いました。

日本みたいに1リットルとか500cc入りなんてもちろんありません。

とにかくすべての単位が大きくて、ジャムでも缶詰でもデッカイ!

おまけにすべてビン入りなんで、チョット買っただけでもすごく重た


くなっちゃって、すぐ近くなのに車で行かなきゃなんない・・アメリカ

が車社会なわけ分りましたよ。

嬉しかったのはお醤油が売ってるんですよ。キッコーマン製の

ソイソースで、当時でもかなり一般的に売られていました。

ただ、これだけはやたら小さな器に入っていて、値段 も高め・・・

これは2リットル入りが欲しかったのにねえ。

続きは次回にね     to be continued

          トップページに戻る  WASHINGTON奮戦記のトップに戻る  次ページへ行く