アテンド稼業

団さんが住むスカイラインタワーズはHAMLETよりずっと広くて

高層だから見晴らしが良くて居心地がいいので、しょっちゅう

入り浸っていました。おまけに 団さんはお料理上手で、

美味しいケーキを焼いてくれるんで、それを目当てに おやつ

時によく行きました♪ 美味しいケーキを食べながら、そこで

つい 出るのが 愚痴・・・「アメリカ暮らしは快適でいいんだけ

ど、日本からのお客さんが多くて大変だよねえ!」
ってね。

団さんのご主人様は新聞記者だから、特に多いみたいです。

「ホワイトハウスはもう3回も行ったし、キャピトルもワシントン

モニュメントもしょっちゅうお客さんを連れて行くんでもう飽きちゃった」ってね! 

うちも団さんほどではありませんが、日本からのお客さんのご接待は何度もしています。うちの会社は

ニューヨーク事務所には大勢の駐在員がいますが、ワシントンは研修生の主人だけなんですよ。

 

だから、ワシントンに来るお客さんの接待は一人ですべてしなければなりません

ワシントン初めての方ならおきまりのコース(ホワイトハウス、スミソニアン 等)

でいいのですが、しょっちゅう来られてる方だともっと違うところにお連れせねば

なりません。そこで行くのが Mount vernon という郊外にある初代大統領の

ワシントンが住んでいた家です。

ここは行くまでの道のりがとってもキレイなのと、場所がポトマック川沿いにあっ

て風光明媚で素晴らしいので、たいていの人が喜んで下さいます。

ここは何度行ったでしょうかねえ!


あと時間のたっぷりある人だともっと遠くの Williamsburg にお連

れします。ここは天皇陛下もいらしたところでアメリカ独立の頃の古

い建物がそのまま残っていてそれはそれは美しい街並みなんです。

馬車も走っていてノスタルジックな雰囲気がステキで、思いっきり

アーリーアメリカンライフを堪能できます。こういう所へお連れすると

皆さんとっても喜んで下さるので、こちらも嬉しくなります。


お客様で一番多いのが出張で来られたビジネスマンです。こういう方々はたいてい過去に何度も

ワシントンにいらしているので、観光にお連れすることはありません。たいていは家にご招待して夕食を

ご馳走することになります。日本人ビジネスマンの出張は、かなりハードスケジュールなんですよ。

連日 横めし(アメリカ人と同席の英語しゃべりながらの食事)ばかりで、お疲れの場合が多いので、

せめてうちへお呼びしたときくらいはリラックスして欲しいと思い、家庭料理を作り、貴重な日本食

ご馳走します。メニューにはかなり気を遣い、頑張って作るのに、日本人の男性って社交的じゃない

人が多くて 、美味しいとも何とも言わず、喜んでるのかどうなのか分らない人ばかりでホント張り合いが

ありません。

それと自分のことばかり話してこちらの話は聞いてくれない・・・話が面白い人ならたとえ3時間ずっと、

その人の生い立ちから現在に至るまでの歴史 (^^ゞ を延々と聞かされてもガマンできるけど、

私に全然分らない仕事の話ばかりする人が多くて、面白そうに聞いているふりをするのに

すっごく苦労します。

一番頭にきたのが、以前ワシントンに駐在していた方で、食事をしながらご自分の駐在時代の

自慢話
に終始してる人・・・

うちの奥さんの作る料理がアメリカ人に大評判で、ジャパニーズレストランだと言われた

よ!ハハハ」 なんてぬけぬけと (-_-#)

他人の奥さんが作った料理食べながら、自分の奥さんの料理を誉めるなんてねえ! こんなんあり?

えーえーどうせね 私は一度もジャパニーズレストランだなどと誉めてもらったことはありませんよ!

どうせね! すねてどーする!

おまけにその人「アメリカ人の家でディナーをご馳走になったけど料理が少なくて足りなかった」などと

言うんですよ・・・だからその次の機会に食事をご馳走したときは、てんこ盛りのおかずを用意しま

した! 必死で食べてらしたようだけど、ついにダウンして「スミマセン奥さんチョット食べきれないんで」

とおっしゃいました。  (o ̄∇ ̄)o リベンジ かな?  

この方が帰国されてから、そのジャパニーズレストランと言われた奥さんからお礼状が届きました

が、その内容たるや「主人が言うには、MEGさんは、まだ西海岸へもカナダへも旅していな

いとか?どうしてなんですか?私達がワシントンにいたときには本当にあちこち毎週行き

まくりました。もっと頑張って旅行したほうがいいですよ!」
などと書いてきました。 (’’;)

これのどこがお礼状なんだよ〜 このダンナにしてこの奥方あり・・・って感じでしたねえ。

ホント 頭きちゃう!

でも、お一人だけすっごく洗練された方がいました。やはりアメリカ暮らしが長い方なんですが、ご家族

揃ってワシントンへいらしたので、お食事をご馳走したらとっても喜んで下さって、私の作った料理も

ひとつひとつ誉めてくださる気の使いよう・・・奥さんに「このミートボールは美味しいねえ!レシピを聞い

ておきなさいよ」などと
言って下さったりしちゃって! とっても嬉しかったです。

あ〜 でも ホントはね 一番嬉しいお客さんは「奥さんも一緒にレストランへ行きましょう♪」

誘ってくれる人なんですよ! 

でもそんなこと言ってくれる人10人中1人くらいしかいないけどね ヽ( ´ー`)ノ

接待は大変だけど、帰国されてから、心のこもったお礼状を頂いたりすると 「やって良かった♪」

としみじみ思います。

たまにお礼代わりにと、日本食料品が送られてきたりして、それも海苔やら梅干しやら明太子

だったりするともう狂喜乱舞 @^-^@ 

この次はおまんじゅうがいいなあ とか期待しちゃったりして (^^ゞ また頑張って接待しようという

気持ちになりますから、しみじみ私って食べ物に弱いのね♪ 

続きは次回にね  to be continued

 

トップページに戻る     Washington奮戦記のトップに戻る    次ページに行く