COUNTRY ROAD part 2


新婚さんが2階に上がって行ってから、おじさんが持ってきてくれたサラダはなんとレタスだけのサラダでし

た。「これハネムーン・サラダだよ!」とおじさんウインクして言うの・・・ エッ どーゆー意味?

「レタスだけ?」 「Lettuce alone」 ン? 「Let us alone」 あ〜「私達だけにして」 かあ! 

だじゃれ
なんだねえ ハイハイ分りましたよ。

お隣さんのじゃまをしないようにでしょ! 了解 了解!

食事が終わってからもかなりゆっくりダイニングでTV見たり、おじさんと話をしたりして時間つぶしてから

部屋へ戻りました。

部屋へ入ってすぐに納得! 隣の音が丸聞こえなんだもん・・・壁はベニヤ板一枚で、

チョットパンチしたらすぐにでも穴が空きそう・・・あ〜 安普請だあ 困ったなあ こんなん どーするの?

んで 隣はにぎやかでしたねえ  何かゲームでもやってるみたいで、もうキャッキャッと大騒ぎ!

だってねえ どう見ても子供にしか見えない新婚さんなんだもん よく親が許したなあなんて・・生活出来るの

かなあなんてチョット心配になったりしてね。 

ゲームが余程楽しいのかとにかくもう大騒ぎしてるんで、私達も対抗してなにかゲームしようって言うことにな

ったんだけどはて何をしたらいいのか?

「オセロ持ってくれば良かったね」 「いやだ オセロは・・・負けるとすぐ怒るから!」 「エッ そっかなあ?」 

どっちみち持ってきてないゲームはできないし、 でも何かやらなきゃと思って 

「そうだ しりとりだ! しりとりやろーよ!」

しりとりはチョット自信あり・・・早速 隣りを意識してかなり大声でしりとりを始めました。

最初はねえ・・ レタス(笑) 「すみれ」 「レース」 「すいか」 「からす」 「すきやき」「きす」

エッまた”す”?えーっと すり」 「りす」 
あー また す か す す す スパイス」

スパイス? じゃーねー スイス」 「地名もありか? また す かあ エーッとね 杉 杉だ」

「ギプス」 「あ  また す か えっと すし!」 「シリウス」 「なにそれ?」

「星座の名前」 
「そんなんもありか? 
また す かあ す す すみ 墨」 「ミセス」 「また す か す す

スケート」 「トランス」 「ああ す ばっかり 降参 「やったね!」(^o^)

「じゃ 今度は英語でやろう!」 「エーッ 英語 よっし 受けて立とうじゃないの」 「じゃ Lettuce(笑)」

「どうしてもレタスなんだよねえ e earth」 「h heroine」 「e またeなの? elevator

rice」 「elephant」 「t tree」 「エッまたe なの?
erie」 「なんだそれ?

 「知らないの? 愛しのエリーのerie」 「ダメだ! そんなの!

こうしてCountry roadの夜は更けていきました。

翌朝、昨夜の霧はすっかり晴れてさあ出発! 

例の新婚さんは夜更かしが過ぎてまだお休み中のようでした。リュックしょっての新婚旅行っていうのも

若々しくっていいなあってチョット思いましたね。

 

私達が次に向かったのは、ライト兄弟が世界で

初めて飛行機を飛ばした、歴史的な場所

Devils hill でした。

だだっ広い平原に石碑がたっていました。

近くでは現代のライト兄弟達がグライダーを

飛ばしています。ここは本当に広い場所なので

グライダーを飛ばすにはもってこいですね。

皆とても楽しそうでしたよ


次に 
New Bern という街に来て、有名な

TRYON PALACEという邸宅に入りました。

ここはNorth Carolinaの最初の州知事になった

William Tryon という人が住んだ家でそれは

豪華で美しい家でした。

ガイドさんの説明がもう少し分ったら尚一層

楽しかったでしょうけどね・・・

自分だけで勝手に見て回ることは許されないの

で長々とさっぱり分らない説明を聞かされる羽目

になりました。


この日もどこかで泊まらなければならず、あちこち走り回りました。

とてもキレイな湖のほとりにステキな建物が建っていて、近づいたら

「空き室あり」の看板が・・・

「わあっ ホテルだよ これ ラッキー!」

もう驚喜乱舞! なんせ昨日のロッジがあれでしたからねえ

メソジスト教会の宿泊施設らしいんだけど、外観はとてもロマンチック

で映画にでも出てきそうな雰囲気!一般の人もOKとのこと しかも割

安なので、迷わずチェックイン o(^o^)o


部屋にはTVもちゃんとしたお風呂もあり、「今日はついてたねえ」と大喜びでした。食事しようとダイニング

に降りていったら、メニューが多い割には、食べてみたら美味しくない・・・

昨日のスパゲティーがあまりにも美味しかったから、チョットがっかりしました。

夜になると、どこからか奇妙なお祈りが聞こえてきました。それがなんとも薄気味悪いお祈りで、二人とも

気になって寝られやしない・・・おまけにしじゅう誰かが廊下をミシミシ歩くんですよ。

しばらくすると、 女の人の泣き声が聞こえてくるし・・・怒鳴り声やら賛美歌やらがあちこちから聞こえてき

て 恐くて恐くて・・・ なんか 霊がウヨウヨいる感じ  ( ̄□ ̄;)!!

「とんでもないところに泊まってしまった 
ここは ホーンテッド・マンション だったのか!」

これ程朝がくるのが待ち遠しかったことはありませんねえ!

このときの旅行でとにかくホテルに苦労しましたから、その後旅行に行くときは必ずホリデイ・イン

予約して行くようになりました。ホリデイ・インはアメリカ中どこにも必ずあって、料金はリーズナブル

で設備は間違いなし・・・で あんまりしょっちゅう泊まるものだから、帰国する頃には 名誉会員証なる

ものが送られてきましたよ。これ色々特典ありで、「わあっ嬉しい」って喜んだんだけど、なんせ帰国直前

だったので、結局この会員証は一度も使うことはありませんでした。 残念だなあ・・・ 

続きは次回にね    to be continued

 

 

トップページに戻る    WASHINGTON奮戦記のトップに戻る    次ページへ行く