MIKADO!? SAKURA!?

HAMLET周辺の日本人奥様方の間ではこのところ

ランチョン・パーティー 花盛り・・・

あっちでもこっちでも殆ど毎週のようにお誘いを受けました。

テニスでさんざんお世話になった森村さんにもお招きを受けて、とっても

嬉しいのですが、呼ばれたらいつか呼び返さなきゃなんないんですよね

あ〜これが難題!

何しろ皆さんプロかと思うほどのお料理上手ばかりなんだもん・・

その都度レシピ書いてるけど、同じお料理作るわけには行かないし・・・

日本から持ってきた料理の本をながめてはため息ばかりついていまし

た。付け焼き刃でやってもきっと失敗するだろうなあ 最初は自分が一

番得意な料理にしなきゃ・・・と思い始めて、

「あーそれならしゃぶしゃぶかなあ!」とようやくたどりつきました。


しゃぶしゃぶはすりごまやらダイコンおろしやらをたっぷり入れた秘伝のたれが好評でチョット自信があっ

たので・・でもねえ 材料がそろうかなあ?

なにしろこの前GIANTで牛肉を買うとき(アメリカは殆ど塊で売ってるので)肉売り場のお兄さんに

「スライスして!」と頼んだんですよ。

「厚さは?」
と聞くので

「出来る限り薄く、のように」と言ったのに出来てきた肉は

「これのどこがやねん」というシロモノでしたねえ。アメリカの紙は5ミリも厚さがあるんかいな?

しゃぶしゃぶなんか無理無理!  ショウガ焼きくらいにしかならなかったんですよ。

ご近所の有賀さんに相談したら、D.Cに日本食料品店があるから、そこへ行くとイイよ」

と教えて下さいました。地図ももらって、早速日曜日に主人に連れて行ってもらいました。

ウイスコンシン・アベニューの目抜き通りにあるこのお店 名前が「帝」(MIKADO)
なんですよ・・・

いったいどこからこんなネーミングにしたんでしょうねえ! プライドもってるのかな? でも、一見とっても

しょぼくれたお店なんですよ。

「あ〜名前負けしてるよ(^^;

でも中へ入るとこれがすごい商品量で、あるわあるわ・・殆どの食材がここでなら買えそう!

糸こんにゃくもあるし、エノキダケも椎茸もある!わあっ「ハウスのクッキングとうふ」まであるよ!

みそは「ハナマルキみそ」があった!「ン?ハナマルキみそ? 聞いたことないけどどこの地方のなのか

なあ!」種類を選ぶことは出来ないけど、ひととおりのものはすべて買えました。

それと何より嬉しかったのが、「しゃぶしゃぶ用にスライス」してもらったお肉です。これがホント素晴ら

しい!日本で買ってもこれ程薄くスライスしてくれるかなあと感嘆するほど薄く切ってくれる・・

おまけにこの牛肉がビックリするほど安い!買い占めちゃうかと思うほど沢山スライスしてもらいました。

あとお米・・ここで売っているのは国宝ローズ米という名前のカリフォルニア産のこしひかりでこれも

ホント美味しいんですよ。値段も日本よりずっと安い!帰国するときに船便で持ち帰る人がいるほどだとか

車のトランク一杯に食料品を買いこんで帰りました。

日本食材店はD.Cでは帝だけ・・あと日本食では「さくら」というレストランがありました。

このネーミングもねえ!
なんかいかにもって言う感じでセンスないよねえ・・

もうちょっとなんとかならないのかしら!

あとD.Cには「JAPAN INN」という和食の高級レストランがありましたが、 接待される側のとき以外は行

かなかったですね。和食は大好きなのですが、なんせ高くて・・・

これ食べるとハンバーガー何個分かなあなんて計算しちゃったりしてね(笑)

私達はこんな高級な日本料理店よりも「ラーメン屋」さんとか「うどん屋」さんが欲しかった。でも、あの

時代にワシントンにはありませんでしたね。

もしかしたら今なら「ラーメン屋」さんはあるかも知れませんが・・・

「帝」で買ってきた材料のおかげで「しゃぶしゃぶパーティー」は大成功♪ 

なにしろ鍋料理は作るのも簡単だしね☆ 

でもねえたったひとつ難点あり・・一度に4人までしか呼べないんですよね・・・

ふつう ランチョン・パーティーはお客さま10人は呼ぶんですよ

テーブル一杯に乗ったお料理を皆で好き勝手にお皿にとって、ソファで食べながら、好きにしゃべる・・

このパターンがしゃぶしゃぶでは出来ない・・・テーブルには5人くらいしか座れないし、それぞれ自分のお肉

入れて「しゃぶしゃぶ」してから、ひたすら食べる・・この繰り返しだもんねえ 

おまけに私はあちこちで呼んでもらっていて、つけ が貯まっていたんです。 

どう計算しても15人は呼ばなきゃ義理が果たせない・・・

だからこの「しゃぶしゃぶパーティー」を計4回もやるはめになっちゃったんですよね。

これはかえって大変でしたよ。

やっぱり頑張っていろんなお料理を一杯作るパーティーをやらなきゃと反省しました。

んで・・・次にやったのが「おでんパーティー」(*^_^*)

これなら、量さえたっぷり作れば、10人だって大丈夫・・・

どうしても手を抜きたがる私でした あーこれは今も全然変わってないですねえ!

続きは次回にね     to be continued


 

トップページに戻る   WASHINGTON奮戦記のトップに戻る   次ページへ行く