NOVA part 3


10時半を少し過ぎてから私達の先生が現れました。

最初見たとき「あ 小公女のミンチン先生だ」と思っちゃった。これ本を読んでる人なら分るよね。

やせて背が高くて、髪をアップにして黒い服着てて、黒縁のめがねかけて、とても神経質そうな、中年の

女の先生でした。名前はキャロライン・ケーグル先生 でも私はひそかに「ミンチン先生」と呼んでいました。

このミンチン先生すっごく早口なんですよ。フツウ外国人のクラスなら、ゆっくり分かり易く話してくれるも

のと思うじゃないですか。それなのにそういう配慮が全くなし・・・だから私なんて最初から何言われてる

のかチンプンカンプン で先生、皆に紙を配って何か言ってる・・・

「エッなにすりゃいいの?分らんがね」 あ また 名古屋弁

隣の胸毛くんを見たら何か書き始めてる。「ん なんか書くの?」 よく見るといろいろ質問事項が書いて

あって 、どうやらアンケートらしいことが判明・・・・しっかり 読んでみたら国籍とか年齢とかこの国へ来た

目的とか書く欄がある・・辞書引きながらなんとか書き終えた。 
ふうっ やれやれ と思う間もなくミンチン

先生
また早口でまくし立てた。  「えっ今度はなに?」  すると、一番隅に座っていたバストさんが立ち

上がってやおらしゃべり始めた。「あー自己紹介してるのか」とやっと分った。 もう 疲れるう!

ビックリしたのはこのバストさん胸毛くんも英語ぺらぺらなんですよ! こんなに上手なのになんで

「English for Foreigner's Class」 なのよう とにぎりこぶしを振り上げたい気持ちだった。

あとで分ったことなんだけど、彼らは話すことはできても、どうやら書くことが苦手でそのためにクラスに

入ったらしい。

日本人とは逆なんだよね。ま 私は書くのもダメだけど あ ついでに聞くのもダメ じゃ全部じゃん・・・

くやしいことにみっしょん工作員さんもかなり上手だった。もうこうなったら私の心のよりどころは

ROSEだけ・・・ 彼女だけは私とどっこいどっこいの語学力だったんです。 よかったあ♪

益々ROSEが好きになりましたよ。 なのに彼女時々言うんだよね

「MEGの英語は発音が変でよく分らない」と・・・アンタにだけは言われたくないねえ!

 

でもとにかく私がこのクラスで一番の劣等生であることはもう

間違いないらしい。これは結構辛いものがありました。

私こう見えても学生時代は成績結構良かったんですよ? 

まじめにこつこつやるタイプでしたからね。けっして優等生ではあり

ませんでしたが、間違っても劣等生だったことなんて一度もない

なのに、こんな5人しかいないクラスでどべっちなんてねえ・・

ぐやじーい!

日本の英語教育のゆがみをここで声を大にして言いたいです。

会話やろうよねそれも実用英会話!



このクラスでの授業は薄いテキスト使いながらいろんな場面を想定して一人ずつ話していくというのが

基本パターンでした。

初めの頃は正直言ってイヤでしたねえ。自分が下手なのは分っていることなのに変にプライドがじゃま

をして認めたくないと思ってしまう・・・慣れるまでにはずいぶん日数がかかりましたよ。

でもそのうち開き直っていきました。あれほど何言ってるのかさっぱり理解できなかったミンチン先生

英語も少しずつ聞き取れるようになってきましたからね。

それとROSEの存在が大きかったと思います。話していくうちに彼女のアパートがなんとHAMLET EAST

だということが分って(私のアパートのすぐ隣り)一緒に帰るようになって楽しくなってきました。

お互いの家に行き来までするようになりました。部屋の間取りは一緒でしたが、こんなにもイメージが違

うものかとビックリしましたねえ。彼女の部屋はいかにもアフリカ風なんですよ。

とにかく派手なんです。原色のサイケなカーテン縞柄ソファでなんだか目がちかち

かしそうなインテリア・・

民族風な飾り物が一杯で見ているだけで楽しい部屋でした。ご主人様にも紹介してもらって、家族ぐる

みのおつき合いになりましたよ。

そのROSEが「私の母親はMEGと同じ肌の色をしている」と言うんですよ。これにはチョットびっくり

なにしろROSEは本当に真っ黒なんですよ。とてもハーフには見えないんだけど、遺伝学的にはどうなの

かな?ちなみに私はがんぐろではありません(当たり前?)

むしろ白いほうだと思うんだけど(自分で言うかなフツウ) 

もっといろいろ追求して聞きたいところだったんだけど、私の語学力では無理でしたね。残念!

ミンチン先生 皆が少し慣れてきたらタップリの宿題を出してくれるようになりました。

アメリカの学校って宿題が多いんですよね。どこの大学でも入るのは楽でも卒業するのが大変だと言わ

れていますが、皆入ったからには相当勉強しなければなりません。

このNOVAもしかりでした。宿題にはほんと苦労しましたねえ。

続きは次回にね     to be continued

 

 

 

トップページに戻る   WASHINGTON奮戦記のトップに戻る    次ページに行く