ニューヨークへ行こうよ


秋も深まってきてそろそろ冬支度をしなければと思うようになった頃、主人はヨーロッパへ出張に行って

しまい、私一人で1ヶ月も留守番することになりました。最初は気楽だなあと、目一杯家事を手抜きして

楽をしていましたが、すぐに寂しくなってきました。 
そんなある日、有賀さんが

「うちも主人出張でしばらく留守なのよ。ねえ一緒に旅行いかない?」

と誘ってくれました。渡りに舟とはまさにこのこと! 退屈していたので「行こう!行こう!」とすぐに

大乗気になって 「いつにしよう?どこへ行こう?」と二人でプランを練っていました。

有賀さんには幼稚園に通っているみっちゃんという可愛い可愛い4才の娘さんがいます。だからもちろん

みっちゃんも一緒の旅です。

有賀さんはずっと宝石のデザイナーとして活躍していたキャリアウーマンなんですよ。30代の半ば頃に

○通信の新聞記者をしているご主人と知り合って、恋に落ち、職を捨てて一緒にアメリカへ来たのです。

だから高年齢初産で産んだ一粒種のみっちゃんは、も
う目の中に入れても痛くないほどの可愛さで、皆に

一卵性の母娘だと言われている程なんです。(・_・ ) ( ・_・)

みっちゃんは静かでおとなしいお父さんの性格に似たのか、とってもシャイでいつもお母さんにくっついて

離れない子ですが、私にはなついてくれています。この3人の旅行はきっと楽しいだろうなあと胸がわくわ

くしてきました。

ニューヨークへ行こうよ!」という有賀さんの提案にはすぐ大賛成しました。\(^○^)/

去年に一度だけ主人とニューヨーク見物には行きましたが、女同士で行くのはまた違った趣があるだろう

と心はすでに5番街に飛んでいました。ホテルをどこにしようと話し合っていたときにリディアが 

「ニュージャージーに私のおばさんが住んでるから頼んだら泊めてもらえるよ!」

と言ってくれました。

「どうしよう?」(^^? ・・・「泊めてもらえればタダだよねえ?」・・・o(^-^)o

「じゃ お願いしま〜す♪」 (^〜^)  ほんに こーゆー決断は早い!d(^-^)!

リディアのおばさんはフローレンスさんという名でおん年70才。一人暮らしだそうで、とっても気さくで楽し

い人なんだそうです。私達は会ったこともない人のお宅にずうずうしく3人2日間も泊めていただ

くことにしました。

12月の初めにニューヨーク行きが決定・・交通手段はアメリカの新幹線と言われているAMTRAKという

特急列車に乗ることにしました。ワシントン、ニューヨーク間を5時間で行きます。日本の新幹線に比べる

とチョット揺れがすごいなというのが印象でした。それとランチ時には食堂車へ行くのですが、そこで売っ

ているのはハンバーガーだけ!もっといろんなメニューがあればいいのにねえ 。

 


フローレンスおばさんの家はニュージャージーにあります。

バスで行くのですが、結構距離があり、降りる駅の名前を知っ

ているだけでは乗り越してしまいそう・・・なにしろこちらのバス

は停留所の名前をアナウンスしてくれませんからね。有賀さん

は近くに座っている人全員に「○○○で降りたいので、そこに

着いたら教えて貰えませんか」と、くどいくらい頼んでいました。

こういうことにはさずが元キャリアウーマンだけあって

テキパキしていてとっても頼りになります。 おかげで無事たどり

着くことができました。

フローレンスおばさんはとっても若々しい人でファッションも派

手!金髪に染めた髪もステキで

「さすがアメリカのお年寄りは違うなあ!」


と感心させられることしきり! シャイなみっちゃんを特に可愛いがってくだ

さって、私達はす ぐにうちとけることができました。

フローレンスおばさんの家はタウンハウスです。かなり古い建物らしいです

が、良く手入れされていて、とっても住み心地が良さそう!私達が泊めてい

ただいた部屋は屋根裏部屋で、斜めの天井がなんともノスタルジックで

みっちゃんが大喜び!「小公女の部屋みたい!」 と言ってはしゃいで

ベッドの上でピョンピョンしてました。

夕食の支度をお手伝いそすることになり3人プラス1?(みっちゃんもお手

伝いしたがるんですよ)で台所に立ちました。フローレンスおばさんのお得

意料理はオムレツだそうで、みっちゃんの大好物! 私達は肉じゃがを作

ってみました。これはたいていのアメリカ人が美味しいといってくれる定番メニューなんですが、チョット

材料がそろわないんですよ・・・醤油はあるけど日本酒がないのでワインで代用し、みりんがないから

ひと味足りないできばえでだったかなあ。でも、フローレンスおばさんにとっては初めて味わう
日本料理

で、美味しい美味しいと、とっても喜んで食べてくれました。

食後はトランプしたりゲームをしたりして楽しく過ごし、早めにベッドに入りましたが、天窓から見える

満天の星空を見ながら、3人とも興奮してなかなか寝付かれませんでした。(~O~)ふぁ・・

翌日はニューヨークの街を散策です。

続きは次回にね  to be continued

 

トップページに戻る   Washington奮戦記のトップに戻る   次ページへ行く